怪獣ハクゴン、スネイプ先生を噛む


いい歳した私ですが
世間からどう見られようと
この映画だけは絶対観に行く、
ハリーポッターシリーズ第6作
「ハリーポッターと謎のプリンス」

映画はたいてい友人と観に行くのですが
この作品に関しては付き合ってもらうのも悪いので
一人でこっそり観てきました^^

原題は Harry Potter and the Half-Blood Prince
プリンスというのは王子ではなく人の名前です

実は私はポッターファンというわけではなく
ただただこの方のお姿を拝みに
映画館に足を運んでいるんです

はい、この方です

b0148547_16595345.jpg




映画俳優に関しては
しぶい人が好き

モーガン・フリーマン、
「カポーティ」のフィリップ・シーモア・ホフマン
パイレーツでおなじみのジェフェリー・ラッシュとか
このスネイプ先生演じるアラン・リックマンとか

元グラフィックデザイナーでおしゃれなイギリス紳士のリックマンさんは
真面目顔しながらどことなく面白い

出演映画どれ観ても
なんか笑える瞬間がある

素が茶目っけたっぷりの方なんだと思います


彼の魅力はセブルス・スネイプだけに非ず

映画史に残る悪役ぶりと言われた
「ダイハード」のハンス・グルーバー

映画はイマイチだけど
他の場面飛ばしてリックマンだけ観ても値打ちがある
「ロビン・フッド」のノッティンガム公(←笑えます)

隠れた傑作として名高い(評価の高さはコチラ参照
「ギャラクシー・クエスト」のドクター・ラザラス

絵画のようにうっとりするほど美しい映画
アン・リー監督「いつか晴れた日に」
のブランドン大佐

ラブアクチュアリーもよかったし
スウィニートッドでのデップとのあまり上手くないデュエットもよかったなー

舞台出身でいらっしゃるので
時々大袈裟なほどのアクションをされるのですが
そこがまた面白い

京都案内で有名なタクシーの運転手さんが
印象に残ったお客さんは?とのインタビューに
アランリックマンさんと答えていらっしゃるのをテレビで観たことがあります
「観光の合間、車の中で待っている私のために
伏見稲荷千本鳥居の模型をお土産に買ってきてくださったんです」

そんな人柄の良さが
どんなに悪役を演じられいてもふっと感じられる
素敵な俳優さんだと思っています



b0148547_1749243.jpg

      あなた誰? 

      「わが輩はホグワーツから来たセブルス・スネイプだ」





b0148547_1749175.jpg

      なんか変わった格好しているね

      「わが輩はこの服をことのほか気に入っておるのだ」



      

b0148547_174934100.jpg

       じゃ、お近づきの印にガブっ!

       「・・・・」




こらハク!スネイプ先生を噛むでない!



       
スネイプ先生はねぇ
ハリポタの中でピカ一のキャラですよ~
ローリング女史はひょっとしたら
ハリーより、他の誰より
スネイプを書きたかったんじゃないかしら


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村 ←いつもクリックありがとうございます  
[PR]

by konekohaku | 2009-08-14 18:32 | movie・theater  

<< 帰省 GOKANのクッキー >>