viola



久々にワンコイン(=¥500)コンサートを聴きに
兵庫県立芸術文化センターへ
今日はヴィオラの演奏会でした

b0148547_22234660.jpg

演奏者は関西を中心に活躍されている中島悦子さん

ヘンデルやシューマン
ヒンデミット・ブラームスのヴィオラソナタを演奏してくださいました

ヴィオラはバイオリンを少し大きくしたもので
皇太子殿下が弾いておられるので有名な楽器です
演奏者の中島さんもそう紹介されておられました^^

その音域はバイオリンより低くチェロより高い
真ん中に位置します

バイオリンのもつ華やかさと
チェロのふくよかさを併せ持つ楽器といえば
聞こえはいいのですが
別の言い方をすると両楽器ほどの特徴がないということ

今日コンサートが終わった後、
友人とヴィオラについて語り合った結果


「やっぱり地味な楽器やね」


クラリネットとかオーボエとか
ファゴットだって

ソロで演奏してもそれなりの華をもっているもんなんですけど
ヴィオラに関して言えばそれがない

前に出るより
間にいて自分の居場所を弁えてこそ
その存在意義を示す楽器だとつくづく思いました

ただその音色はやさしくて
飼い主はヴィオラをこよなく愛しております

目立たないからこそ愛おしく思える
そういうこともあるでしょう?


b0148547_21241962.jpg



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村 ←いつもクリックありがとうございます  
[PR]

by konekohaku | 2009-09-08 22:38 | movie・theater  

<< ハクの気持ち a chorus line >>