アイーダ




大阪梅田芸術劇場で上演されているアイーダ を観にいきました
(あらすじはHPをご参照願います)


主役は宝塚退団後初の舞台出演となる安蘭けいさん
もちろん女優としての出演です

宝塚は地理的にとても近くてごくごく身近な所なのですが
歌劇を観に行くことはほとんどなく
今どんな人がいて誰がトップであるか
ほとんど知りません
安蘭けいさんも退団の際彼女をとりあげた番組を見て初めて知った次第

おそらく男役の時はそれはそれはカッコよかったのでしょう
カーテンコール時の颯爽と歩く姿を見ていると
かつての大劇場での彼女の雄姿が目に浮かぶようでした
しかしながら
今回の舞台ではエジプトの捕虜という役柄で
いつも地味な衣装を身にまとっていたせいか
アイーダ役の安蘭けいさんには
正直、華を感じられませんでした
歌も声はきれいでいらっしゃるのですが
脇の方たちが上手かったので
無難にこなされたといった印象に留まったでしょうか


・・・・というより
横にピチピチ、ピカピカ美形オーラを出している人がいて

おばさん、そっちに目がいっちゃってたのです^^;



   ↓




ラダメス役の伊礼彼方さんです
b0148547_744537.jpg

                     (公式HPより)



ね?アイドルみたいにかわいいでしょ?
これくらいかわいいと
歌が下手だったりするのが世の常なのですが
そこそこ聞けるんですよー
もちろん本格的に声楽を習った方たちには及びませんけど

スタイルが!恐ろしく均整とれてるんです
上半身裸で腰布だけ巻いて出てくる場面が多いのですが
ギリシャ彫刻を見ているかのようにおきれいでしたー

東宝の「エリザベート」でルドルフをされてた方なんですね
ハーフでモデル出身、どうりで素敵な訳です

第2幕も役的にラダメスにスポットがあたることが多く
「アイーダ」やめて「ラダメス」って題にしたらええのに
なんて思いながら観劇

第1幕はちょっと眠くなりかけたのですが
後半はダンサーのパフォーマンスなどもあって
まずまず楽しめました

舞台が暗転してカーテンコールへ

てっきり会場中の女性が
伊礼さんに心奪われているかと思いきや
あっちからもこっちからも
「とうこさ~~ん」(安蘭けいさんの愛称)コールが

安蘭さんが観客に向かって投げキッスしたときは
会場中が「ぎゃ~~~~!!!」

・・・私と友人、四面楚歌状態^^;

やっぱり安蘭さん目当てで皆さん会場に足を運ばれてるんですねー

若い伊礼さんのおかげですっかりおばさんモードな私と友人でしたが
(友人はびっくりするくらいの上品な美人奥様でおばさんのイメージとは
程遠い方です、念のため^^)
最後にとうこさんファンの熱気を肌で感じ
これだけのファンがいるんだから頑張れーっと
素直に彼女の前途を応援したくなる心持ちで会場を後にしたのでした


b0148547_7442591.jpg
         お母さん、ここにも若いピチピチの男性がいることを忘れないでよ


           はいはーい^^



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村 ←いつもクリックありがとうございます  
[PR]

by konekohaku | 2009-09-30 08:05 | movie・theater  

<< 留学生 まだやっています、お掃除強化週... >>