鉄の女やな


先日
今年どの映画を観て号泣をしたかという話題になり

おくりびと!
私の中のあなた!
HACHI!

と賑やかな声があがるなか

特にない

と答える私に親友がそう言いました


感動はもちろんしますし
ウルウルと泣くことはありましたけど
(証拠コチラをご覧ください )

号泣したことってなかったんです



思うに

父が数年前に脳内出血で倒れた時や

献身的に介護してくれていた兄嫁の涙を見た時

父がその尊い一生を終えた時

今人生の折り返し地点にいるとするならば(←いえ、もう過ぎてるでしょ)
前半部分のそういった場面で
大半の涙を使い果たしてしまったのだろうと





理由はさておき

最近めっきり号泣することがなくなっていたのは事実です




しかしながら
我が家を去る前日の夜にEたんが (まだひっぱってます)

これまで一緒に撮った思い出の写真の数々を

これいい歌だよね、と二人で語り合った
「over the rainbow」の曲にのせて
さらに彼女の肉声の感謝の言葉(しかも日本語)もつけて

私の知らないうちにこっそりと動画風にアレンジしていたものを
メッセージ入りのカードとともに見せてくれた時


号泣しました


新幹線のホームでお別れのハグをした時も

泣きました

ガランとしたEたんの部屋を見た時も

泣きました



鉄の女も
泣くべき時には泣いているんです^^



今日はクリスマス

あなたの周りの鉄の女も
ひっそりと泣いているかもしれません
どうか愛の手を

b0148547_14262266.jpg

[PR]

by konekohaku | 2009-12-24 18:12 | 生活  

<< 2010 2009 >>