三つ子の魂、中年まで


今回の同窓会に出席したのは20数人あまり
その中で特に会うのを楽しみにしていた友人がいた

Aさん、という名の彼女は
とても美しい女性で(目がジュディオングなのだ!)
かつて着ていた愛らしいファミリアの服が
シックで落ち着いた大人の服に取って代わったこと以外は
やさしい笑顔も穏やかな雰囲気も
昔のままだった

実は彼女、私の小学生時代の観劇友だったのである



b0148547_2119488.jpg
                 小学生の頃から劇場通いしとったんかいな!



阪神間に住む方なら
1度や2度ならず宝塚歌劇を観に行かれたことがあるだろう

近所の〇〇ちゃんが宝塚音楽学校に合格された、とか
隣にヅカガール(今もこんな呼び方する?)が住んでいる、とか
知り合いが劇団関係者であるとか
そんなことも普通におありになるだろう

“宝塚”はそれくらい身近な存在である

そんな環境であるからして私たちはごく自然に
毎月のように宝塚歌劇を観に行っていたのである

当時は月・星・花・雪の4つの組があって
鳳蘭さん、汀夏子さん、安奈淳さん、大滝子さんなどが活躍されていた
ベルばらも初演から観ていてオスカルを演じた
榛名由梨さんが一躍人気者になったのを
びっくりした思いで見ていたのを覚えている

学校で同じクラスだった私たちは
いつも宝塚の話題で盛り上がってた
聞きたくもないだろうに担任を捕まえて
如何に汀夏子が魅力的であるか、如何に鳳蘭がカッコいいか
力説したりしていた

中学へ入った後もしばらく一緒に行動していたけれど
学校が離れてしまったこともあり
何より私たちが“宝塚”を卒業してしまい
いつの間にか毎年かかさずやりとりする年賀状で
「お元気ですか?一度会いたいね」と挨拶するだけの仲になってしまっていたのである

本当に久々にお会いしたAさん
久しぶりだね~、おじさま、おばさまはお元気?
今どうしてるの?
そんな挨拶から近況を話すうち
お互いに大笑いしてしまった

Aさんも私と同じく、いえ、私よりはるかにツワモノの
演劇オタだったのである

(すいません、もうちょっと続きます)
[PR]

by konekohaku | 2010-04-03 21:53 | roots  

<< 約束 同窓会 >>