連休が明けちゃいました


これ読んでみて

幸せなゴールデンウィークの日々から
いきなり現実の世界に引き戻され元気のない私に
同僚(私の事を「鉄の女」と呼んだ、めちゃ気の合う友人でもある)
がコピーした文章を数枚手渡してくれた

そうなのだ
連休にリフレッシュして意気揚々と仕事に臨むどころか
まるで新入社員が5月病にかかったかのように
うんざりモードだったのだ

別段ゴールデンウィークに何をしていたわけでもない

普段手が回らない
衣装部屋(といっても3畳程度の物置みたいな部屋だ)の整理
冬の間ハクオの寝床と化していた炬燵のヒーター部分の分解掃除
相変わらずすごいペースで増え続けている本・雑誌の大量処分
2階の押し入れの掃除
レンジまわりの磨き上げ
庭の手入れ
(これだけ見るとマメな主婦に思われそうだが普段怠慢だから
時間のある時にまとめてやらなければひどい状態になっちゃうのである)

そしてハクオのお相手

おでかけもしたけれど
こんな感じで
窓から入ってくる爽やかな風と光を浴びながら
ごくごく当たり前の日常を送っていただけである

なんで気が重いんだろう?
仕事は面白いし
よき同僚にも恵まれている
職場環境としてはかなりいい方だ
なのになぜ?

答えの出ぬまま時間がすぎていった

ふと

さっき夕飯を作っていて思い当ることがあった

連休中は
喜怒哀楽の“怒”がまったくなかったのだ

「なんで(怒)?!」
「あ”~ラチがあかん(怒)」
「説明したはずやけど(怒)」

書類の不備とかソフトの不具合とか役所の対応とか
経営者のきまぐれとか

職場では常に効率を考えて仕事をしているし
顔には出さなくてもちょっとした出来事で結構悶々としているのだ

それが毎日だと当たり前のようになって
ストレスを自覚することすら
なくなってしまっていたようだけど

穏やかな日々を数日間過ごしただけで
元の戦場のような世界に戻るのに
心が拒絶反応を起こしたらしい



b0148547_2111317.jpg
           お片付けの最中も僕は狩りごっこをしてお母さんを癒してあげたんだよ


でも穏やかな日々が長く続くとそれはそれでまたストレスの種になるんだよな~

結局

私ってわがままなんや


ところで友人が渡してくれたコピーであるが

長くなるのでまた次回に
[PR]

by konekohaku | 2010-05-07 21:49 | 生活  

<< 存在 white & white >>