團菊祭



母を連れて團菊祭(昼の部)を観に行きました


b0148547_20333726.jpg




一、摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)
  合邦庵室の場

            玉手御前  菊之助
             俊徳丸  時 蔵
             浅香姫  梅 枝
             奴入平  團 蔵
            母おとく  東 蔵
            合邦道心  三津五郎



二、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)
           武蔵坊弁慶  團十郎
           富樫左衛門  菊五郎
            亀井六郎  家 橘
            片岡八郎  権十郎
            駿河次郎  高麗蔵
           常陸坊海尊  秀 調
             源義経  藤十郎



三、天衣紛上野初花
  河内山(こうちやま)
           河内山宗俊  三津五郎
           松江出雲守  錦之助
            宮崎数馬  巳之助
            腰元浪路  右 近
            北村大膳  團 蔵
          高木小左衛門  東 蔵
 

                ~松竹HPより



吉例行事としてこれまで銀座の歌舞伎座で行われていた團菊祭、
この度の改築に伴い大阪で初めてお目見えすることになったそうです


いや~本当に面白かった


最初の「摂州合邦辻」では

菊之助さんや三津五郎さんの熱演とともに
やるせないストーリーに母娘ですすり泣き
主人公の行いが正しい選択かどうかは別として
現代社会において失われつつある
義理を重んじる心・親子愛に泣かされました
(もう鉄の女の称号は返上いたします、ショボン)


「勧進帳」では
お馴染みの演目ながら改めて

長唄、三味線、鼓など囃子連中の演奏する姿の美しさ
(演奏行為にこれほど美しさを求める音楽が他の国にあるんだろうか)
色彩的な美しさ
(赤の毛氈、グレーの裃、弁慶の黒白衣装・・・)
精神面の美しさ
様式美
あげたらキリがないけど
なんて美意識の高い世界なんだろうと心底感動
團十郎さん、さすがでした


「河内山」では

恥ずかしながら1幕2幕と睡魔が襲って
3幕で目が覚めるという、いつものパターンで
(この演目、毎度こうなっちゃうんです)
ほとんど観ていなかった訳ですが(汗)
三津五郎さんのセリフ「馬鹿め~」は
やっぱり痛快&カッコよかった


日本人の美意識や遊び心
私たちの先祖が大切に思っていた価値観・倫理観が
凝縮されたような今回の演目
イヤホンガイドもあることですし
歌舞伎未体験の方にも観てもらいたいな


大阪松竹座にて
5月28日まで 
[PR]

by konekohaku | 2010-05-10 22:00 | movie・theater  

<< バランス 存在 >>