Michael & Fosse



マイケル・ジャクソンが亡くなって早1年

wowowでは昨日長時間にわたって彼の特集をやっていました
テレビ初公開となる「THIS IS IT」も

この映画、ブログに感想は書きそびれたのですが(怠慢なのでよくあることです^^;)
別々の友人に誘われ2回劇場で観ました

マイケルの類稀れな才能はもちろんのこと
彼のやさしさやアーチストとしてのこだわり
壊れそうなほどのセンシティブな部分や
非凡であるからこその孤独な気配に
ずっと心を動かされていました


マイケルが
振付師、映画監督として有名なボブ・フォッシーの影響を少なからず
受けているのはご存知でしょうか

どのアーチストも多かれ少なかれ
偉大な先人たちにインスパイアされ自己を確立していくものでしょうから
マイケルの場合もフォッシーに限ってってことはないだろうし
フォッシー自身もまた様々なダンサーの影響を受けた結果
独自のスタイルを導いたのだと思いますので
軽率にそう言うのは危険かもしれませんけど



ちょっと面白い動画がありますので
貼っておきます

フォッシー自身が踊る
映画「星の王子さま」での A Snake In The Grass(1974)の映像と
マイケルのダンスを比べたものです↓





我が永遠の心のダンサー、kenちゃんは
ミュージカル「fosse」の中で
この A Snake In The Grass のダンスを
披露しています
お時間があったら観てあげてください(ペコリ)↓

ひとり白い手袋をはめているのがken
少し年配の女性はフォッシーの愛弟子アン・ラインキングです
Kenはラインキングの目にとまり、彼女の推薦でダンスの専門学校へ入学したようです


  

マイケルとの比較映像には写っていませんが
kenが手についた砂をはらい落とす動きも
A Snake In The Grassの踊りです


今後も私たちの想像をはるかに超えるアーチストたちが
彼らの功績を受け継ぎ

異なったスパイスで加味され吟味され
次の時代を担っていくのを

見届ける日が来ることを
願うばかりです
[PR]

by konekohaku | 2010-06-27 10:52 | music  

<< 暑いんです 坂東玉三郎特別舞踊公演 >>