回想 その1




b0148547_21393610.jpg
           留学生のボーイフレンドが送ってきてくれたHARIBOのお菓子




妹夫婦が長年ドイツで暮らしていたので
なんとなくその生活形態や国民性みたいなものは
掴んでいると思っていた

が当たり前のことだが
実際一緒にドイツ留学生と暮らしてみると
彼女の物の考え方や行動に新たな発見がたくさんあって
いちいち驚いたり時に困惑したり


今回は“物”の違いについて


最初に驚いたのが彼女の持ってきたlaptop
キーボードの配列にご注目
b0148547_20453988.jpg


ドイツのpcにはウムラウト記号が存在するので他の文字の配列が微妙に違う
例えばZはTの右横に位置
たまに留学生のpcを使わせてもらうと
キーを探すのに苦労した




b0148547_21304010.jpg

こちらは留学生が持ってきたドイツのトランプ
2~6が存在せず
K、Q、J は König、Dame、Bube の頭文字となる
ドイツには他にも異なった組み合わせのトランプがあるようだが
彼女の住む地方ではこれが主流だとのこと

このような構成でわれわれの考えるトランプ機能が果たせるのかと思いきや
意外や意外(失礼)、なんだって出来ちゃうのである
カードゲームのルールをよくよく考察すると数の多少に影響がないものが多い
留学生にしてみれば1~10まで揃っている日本のトランプの方が
無駄に多くて訝しげなブツに映ったに違いない
で私たちは両方を交互に使い
どちらのカードでも容赦なく相手を打ち負かすことに没頭し
それぞれのトランプを大いに楽しんだのである
[PR]

by konekohaku | 2011-02-11 00:45 | 生活  

<< ソーシャル・ネットワーク sunshine >>