ソーシャル・ネットワーク

ソーシャル・ネットワークを観た
その道の専門家とともに

言わずと知れた現在世界最大のSNSであるFacebookの誕生秘話を
創設者のマーク・ザッカーバーグと彼の交友関係を中心に描いたものである
ドキュメンタリーではなくあくまでフィクションだ

この映画、まるでfacebookの拡大を連想させるかのように
スピード感を持ってたったかたったかと話が進み
あれよあれよとその波にのってラストシーンまで導かれるが
ようよう考えてみると
当人の口からは何も語らせず
終始一貫周囲の目・感情・行動と
記録に残っているだろと思われる客観的事実を通してのみ描かれている
それが返ってザッカーバーグ氏の
天才的で人間的感情が希薄と思われる人物像の輪郭を明確にし
(冒頭のガールフレンドとのちぐはくな会話で観客は
彼はこういう人、と暗示にかけられちゃうんだろう)
説得力を持って
事の顛末を知ったような錯覚を覚えさせる

この映画の凄いところは
彼の内面について何も描いていないのに(というか敢えて描かないことによって)
誰もが彼のことを理解しちゃったような気になってしまうところじゃあるまいか

人間のもつ先入観やカテゴリー化して物を見がちな心理を利用し
十分な逃げ道を確保した(訴訟対策であろう)完成度の高い脚本
ぐいぐいと観るものを引きこむ監督の手腕
氏の掴みどころなさを表現した役者の技量
いやいやお見事である

本当のところは当事者にしか分からないんだし
これだけ巨大なビジネスチャンスに絡んだ話だ
この映画だけでザッカ―バーグ氏の人となりを判断するのは
チト気の毒すぎる気がする


それにしても恐すぎないか?このポスター

b0148547_19222381.jpg


脚本はザッカ―バーグ氏への取材をすることなく作られたそう

本物のザッカ―バーグ氏は
もっと明るくておぼこい印象を私は受ける

「人っていうのは繋がっていたいものなんだ、
だからそれをネット上で構築したらどうかなって思ったんだ」

SNSの急速な拡大を特集した番組でずいぶん前に彼がインタビューで語っていた言葉だ
たまたま録画していたので
映画から戻った後に改めて観てみた
facebookの、人の排他意識を刺激することで広がっていった経緯といい
何から何までironic
[PR]

by konekohaku | 2011-02-12 21:33 | movie・theater  

<< kyoto 2011.2 回想 その1 >>