kyoto ~大原 2011春



風薫る5月
新緑を求め再び大原へ


b0148547_11261867.jpg







地下鉄国際会館前から乗車した京都バスを降りると
強い日差しにはそぐわない
清々しい涼やかな風が
b0148547_11263513.jpg




三千院の前を通り過ぎ
どんどんと歩みを進めて行くと
b0148547_11264916.jpg





b0148547_1127056.jpg



つい先日再生したばかりの
若い葉々に覆われた梢が
両手いっぱいに私たちを出迎えてくれる
b0148547_11271574.jpg






去年の秋にも訪れた宝泉院へ
b0148547_1128332.jpg






b0148547_11284953.jpg




手前の小部屋から見える庭園も
その奥の庭園も
b0148547_11312334.jpg







すっかり緑色に生まれ変わっていた
b0148547_1134892.jpg







b0148547_11354224.jpg





初々しい青さを残し大きく成長する若竹を背景に
無邪気にはしゃぐ学生たちもまた生命力に溢れ
b0148547_11344649.jpg



その頭上には伏見城で命を絶った武士の血で染められた
「血天井」が広がっている


儚くも尊い命の変遷を
変わらぬ余裕と風格で包容する五葉松
b0148547_1135574.jpg






建物を出て庭へ
b0148547_12271318.jpg





b0148547_12273019.jpg




小さいながらも
b0148547_12335433.jpg




オゾンと安らぎに満ちた
b0148547_123714.jpg




森の中を散策しているかのような心地に
b0148547_1228257.jpg





b0148547_1238286.jpg




紅葉シーズンのような混雑もなく
ゆったりとした時間を過ごすことができた宝泉院
夏の、緑が濃い季節も美しいだろうと思う
b0148547_11362751.jpg



つづく
[PR]

by konekohaku | 2011-05-19 14:53 | 生活  

<< kyoto ~大原 2011春... Lawrence Brownlee >>