Orpheus chamber Orchestra with Ryu Goto



オルフェウス室内管弦楽団&五嶋龍のコンサートへ行ってきた
@シンフォニーホール


プログラム

ロッシーニ:歌劇「アルジェのイタリア女」序曲
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.61
メンデルスゾーン:交響曲 第4番 イ長調「イタリア」op.90


アンコール 
イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第6番 ホ長調 op.27-6から
(ソリスト・アンコール)
メンデルスゾーン :劇音楽『真夏の夜の夢』op.61からスケルツォ
シューベルト :付随音楽『ロザムンデ』からバレエ音楽第1番



久しぶりのオルフェウス、さすがさすがの躍動感
この楽団の弦の響きが好きなんよねー
やっぱりうまいなぁーとゾクゾクする
んーでも以前に比べたらいろんな意味で落ち着いてきて、
その分、切り込むような鋭さが若干落ちたと感じたのは私だけ?
いえ、あの「呼吸」はやっぱり唯一無二やと思いましたけどね

龍くんはなんとなんと
すっかり青年になっていた!
昔は子どもやったのになぁ(当たり前)
龍くん、キーシン、ハーディング・・・
少年、青年だったデビュー時の記憶が鮮明に残っている人たちが
年齢を重ねていいオジサン風(龍くんはまだ青年やけど)
になっているのを見ると
おばちゃん、びっくりしますねん
(はい、キーシンには正直ショックすら受けてます、、、)

龍くんの演奏はやさしくのびやか
偉大な姉、midoriさんの演奏とは趣を異にするけど
熱が入って眉間に皺を寄せると
お姉さんの演奏中の表情にそっくり!
才能がある方なのでどんどん人生経験を重ねて
凄みのあるいい演奏家になっていってほしいなぁ

チケットはソールドアウト、補助席も出る人気ぶり
チケが取れなかった~涙、という知人の声を数人実際に耳にしたのに
良席にポコンと数席空きが
関係者席?もったいないなぁ
[PR]

by konekohaku | 2012-06-04 22:59 | music  

<< einführung Le Corsaire K-B... >>