einführung


映画「ピアノマニア」を観てきた。



b0148547_0212997.jpg




スタンウェイ・オーストリアの調律師、シュテファン・クニュップファーと
彼に絶大な信頼を寄せている世界的ピアニストたち。
フランスの名ピアニスト、ピエール=ロラン・エマール演奏による
バッハ晩年の傑作「フーガの技法」(THE ART OF THE FUGUE)の
録音完成までの1年を中心に描かれるドキュメンタリー映画。


オフィシャルサイトはコチラ





使い慣れた楽器を自宅から持参してコンサートホールで演奏する
弦楽器奏者や管楽器奏者と違い、
ピアニストはホールに用意されたピアノを演奏する。
彼らが望む音で演奏できるよう、
できるだけ理想の状態に準備するのがピアノ調律師である。
チューニングハンマーでピンを締めるだけに非ず、
ピアノの選定から始まり、ハンマーの交換、フェルトを使っての微調整、
ペダルの確認、自らが製作した反響板の試用など、
あらゆる方法で粘り強く、演奏者の希望通りの音へと近づけていく。

多くの芸術家がそうであるようにピエール=ロラン・エマールは妥協を知らない。
バッハを録音するともなると特別神経を尖らせたくなるのもよくわかる。
シュテファンが言うにはエマールは特に音に関する感性が鋭いそうだ。
基音の外側の音の伸びがもっとほしい、
音の消え方が完璧ではないのが気になる、
音の大きさが音の乏しさを招く、
鋭すぎる、
Fの音が高すぎる、
「ダメだ、・・・申し訳ないね」

一見、極限の闘いにおける敵同士のようにも見える
ピアニストと調律師の間にあるのは、
諍いでも罵りでもなく、
深い信頼とお互いに対する敬意だけだ。
一音、一音にこだわるピアニストにどれだけ難しい要求を突き付けられても、
調律師は真正面からそれに応えようとする。
シュテファンは言う、
「ピアニストが思い描くものと一致する音を現場で作るのが私の仕事です」


映画にはコンツェルトハウス、モーツァルトハウス、
スタンウェイの工場、グレフェネックのお城など
ウィーンの美しい映像や
ランランやブレンデルなどの著名な音楽家も登場する。

「一つ一つの音が生きているね、
表情が豊かで、でも控えめだ
シュテファン、私はこの音を夢見ていたんだ
最後にピエール=ロラン・エマールがシュテファンにかけた言葉が胸を打つ。

音楽好きにはもちろんのこと、そうでなくとも
男たちの仕事に懸ける情熱や責任感、
妥協のない態度は観る者すべてに感動を与えるはず。
真に美しかったのはピアノの音ではなく、
むしろそこに関わった「人」、そんな風に私は感じた。

関西での公開は終わってしまったけど
何かの機会があればぜひ。
[PR]

by konekohaku | 2012-06-09 00:35 | movie・theater  

<< 芍薬 Orpheus chamber... >>