aus 1


空港まで迎えに来てくれたEママ
再会を喜び合い(彼女は3年前、Eの留学終了時期に合わせて来日し
我が家に泊まったのだった)
迎えに来てくれたこと、これからお世話になることなど
お礼のご挨拶をひととおり済ませると
ママは笑顔で私たちにこう聞いた

「疲れてない?私の家に行く前に
両親の家に寄ってあなたたちを紹介したいの」

間が悪いことに
数日前から体調を崩していた私は(いつもの頭痛だ)
疲れていないことはなかったけれど
横で主人が「オッケーオッケー」と調子よく返事しているので
ちょっと休みたいとは言い出せずにEママの車に乗り込んだ

遠いんですかと聞くと
うううん、近いわよ、とママは言った

(じゃちょっとご挨拶だけして
 すぐにEママのところで休憩させてもらおう)

Eママは本当に陽気な人で
プチ渋滞に巻き込まれては「あ”-っ」と悪態をつき
車に撥ねられたカンガルーを道路に見つけては
「おっと、3匹目!」と大きな声をあげる
ママの話を聞いているだけで
気分もだんだんと晴れやかに

空港からしばらくは
どこの都市にもみられる市街地風だった景色も
高速道路を進むうちに
広々とした大地が目に飛び込んでくるように



b0148547_18121995.jpg




豪快にとばすママ
小一時間ほど走っただろうか

ほら、向こうに山が見えるでしょ、あの頂上に街があるのよ!

ママの指差した方向に目をやると
遥か遥か遥か彼方、雲のようにうっすらと山の姿が・・・

えええ?あの山ですか?す、す、すごい遠いですね
ノォ~~!!! 近いわよ!!!

国土の面積が違うと
近い、遠いの距離感がこうも違うものだと
この時初めて知った


帰国してから地図で調べてみたら

b0148547_1841599.jpg

空港からご両親の家まで
東京ー静岡くらいの距離があった(汗)


ご両親の住むトゥウンバ(toowoomba)は
Eママの話だと、退職した人たちが多く住んでいるのだそう
老後をゆったりと暮らすため
各地から美しいこの街に越してくるのだそうだ
Eママのご両親も2年ほど前に仕事を引退して
ここに引っ越してこられたという
俳優のジェフリー・ラッシュはこの町の出身とのこと

美しい街並みにうっとりしているうちに到着
写真を取り損ねたので(汗)街の雰囲気はコチラでどうぞ


ご両親のおうちはそれはそれは素敵だった

こじんまりとしたリビング
絶妙な配色で彩られたゲストルーム
時代を感じさせる調度品
一族の歴史を語るような写真の数々
広く、手入れの行き届いた庭

真冬とはいうもの、
心地いいくらいのさわやかな風が私たちをやさしく包み(気温は25度らい)
聞き慣れない、柔らかな木管楽器の音にも似た平和な鳥の鳴き声が耳に届く


b0148547_19222391.jpg
               裏庭の木に鳥の姿が わかります?


"Kookaburra"という名の鳥だとEのおばあさまが教えてくれた
ブリスベン滞在中、毎日私たちはこのまろやかで朗らかな鳥の鳴き声で
幸せな朝を迎えることとなる

調べてみるとこの鳥はワライカワセミであった
オーストラリアやニュージーランド、タスマニア島などに生息するのだそうだ


b0148547_19403376.jpg




お茶で歓談した後、皆でpicnic point park のレストランへ
ちょっと遅めのランチを頂く


b0148547_21331999.jpg




b0148547_21334618.jpg



b0148547_21364396.jpg



b0148547_2134261.jpg
        picnic point park からの眺望 右に見えるのはtable top mountain


Eちゃんのこと、トゥウンバのこと、日本の習慣のこと、昨年の震災や原発のこと
話はつきなかったが、頃合いを見ておいとますることに
また長距離を、今度はブリスベンに向かって走るのだ

お会いできて本当に嬉しかったです
また日本にもいらしてください、とご両親にご挨拶すると

あら、月曜日にこっちに来るからまた会えるわよ、とママ
近いからお互いしょっちゅう行き来しているのだそうだ

やっぱり距離感が違う(笑)
[PR]

by konekohaku | 2012-08-20 22:47 | Australia  

<< aus 2 E >>