aus 15


b0148547_145071.jpg



Noosa ヌーサ
Toowoomba トゥウンバ
Coot-tha クーサ

これらの地名は
アボリジニの言葉からきている

クィーンズイングリッシュを話す白人に覆い尽くされていようとも
この大地には今もアボリジニの息吹が其処此処に存在している
(エアーズロックのこともUluru ウルルと呼ぶ
Eの会話の中ではエアーズロックという呼称はでてこない)


Noosaという地名を初めて聞いた時
その音の響きに心が躍った
サンシャインコーストなんてお手軽な(失礼)名前より断然いい
(正確にはNoosaはサンシャインコーストの一部であり
Cooloola クールーラ、maroochy マールーチの間に位置する)

Noosa、なんて魅力的な名前だろう!
私は適当に語呂を合わせ作った、
オリジナルの魔法の呪文で遊んでいた子どもの頃のように
何度もこの独特な音色を持つ言葉を口ずさんでは
耳に届く響きに、ある種癒しのようなものを感じていた


ビーチはこじんまりとしていている
周りに巨大なホテルもなく
外国人観光客の姿もほとんどない

オーストラリアの人たちは
ゴールドコーストより
未だ観光地化されておらず
手つかずの自然がそのまま残るヌーサを好むのだそうだ
確かに来ている人の層に違いがある

入り江の感じは
ハワイで例えると
ハナウマベイに近いかな



b0148547_14262630.jpg



b0148547_14235055.jpg
                     外周道路



b0148547_14443476.jpg




海岸に隣接してヌーサ国立公園があり
潮の音を聴きながら、または海を眺めながら
散策できるようになっている



b0148547_14351197.jpg




b0148547_14374774.jpg
                 野生のコアラも住むそうな


b0148547_21314726.jpg




b0148547_14273662.jpg
                    国立公園より



b0148547_1454563.jpg



空に雲の切れ間ができると
海は青以上に青くなり
光も色も何もかもが
海に吸い込まれていくようだった


b0148547_1356490.jpg






b0148547_1444149.jpg
                   周辺のカフェ



b0148547_14524065.jpg




かつてアボリジニの隠れ家であったヌーサ
今ではすっかり白人の高級リゾート地に様変わりしたけれど
昔も今も変わらず
人々はこの美しい海岸に
安息を求め集まってきている
まるで痛んだ羽を休めるかのように

今、Eの心の隠れ家に立ち
率直に感じたのは
この地の本当の魅力は
私のような一日観光で来たものではなく
長く滞在し、この自然と同化したものでないと
わからないだろうという思い

見た目以上の
人を惹きつけてやまない
精霊ともいうべき太古からの神秘的で深い誘惑が
此処にはあるような気がしたのだ

アボリジニの言葉のやさしい響きのように



b0148547_14542291.jpg

[PR]

by konekohaku | 2012-09-11 07:10 | Australia  

<< aus 16 aus 14 >>