aus 18




b0148547_9151242.jpg



一組の夫婦が
広い海岸線を前に
静かに座っていた

男の頭には白いものが目立ち
女の顔に浮かぶ陰影も
もう若くないことを窺わせた

夫婦が二人きりで旅をするのは
何十年ぶりのことだろう
いつも側にいた子どもたちは成長し
一人ひとりと離れていった

果てがないかと思われるほどの大海原を背景に
二人の存在は取るに足らないほどちっぽけに見えた




えらい世話になってしまったなぁ


思い出したように男が急に口を開く


・・・そうやね


こんな経験させてもらえるなんてなぁ


・・・うん


すべてはあの ㇾ から始まったんやなぁ


・・・・・




男は3年前に妻がアンケート用紙につけた
ㇾ点のことを言っていた

夫婦の娘が通う中高一貫校で毎年配られる
「ホストファミリーバンクに関するアンケート」

それまでの3年間「受け入れ不可」にチェックを入れ続けていた女は
用紙をにらんで考え込んだ

介護の必要だった父親は逝ってしまった
上の息子は大学の入学とともに家を出て、部屋数に余裕もある
去年やってきたやんちゃな子猫はずいぶん落ち着いてきて
誰かに怪我を負わせる心配も減った

これまで受け入れ不可の根拠としていたものが
その年にはすべて解消されていた

バンクだから登録くらいしてもいいか
話が来て条件が合わなかったら断ればいいんだし
安易な気持ちで
女は「受け入れ可」にㇾをつけ、提出した

学校からはその日の内に電話が入った

「ア・リ・ガ・ト・ウ・ゴザイマス~~!!!」

担当の先生の声は舞い上がっていた

中高合わせて約1000件ほどある家庭のうち
受け入れ可にチェックを入れたのは女の家だけだった



でたらめなようで
規則があるようで
抗うようで
たおやかなようで

波は寄せては返し
返しては寄せを続けている
そして最後は泡となって
消えていく

二人はまた口を噤み
黙って海を眺めていた

あたりが薄暗くなるとともに
冷えた風が吹き始めた

行きましょうか

よろけぬよう
踏みしめながら
二人は広い海岸を
再び歩きはじめた



おしまい
[PR]

by konekohaku | 2012-09-14 19:00 | Australia  

<< Martha & Claudio aus 17 >>