Frank Peter Zimmermann



ツィンマーマン&大フィルによる京都特別演奏会に行ってきました。
@京都コンサートホール



ブラームス ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
        交響曲 第1番 ハ短調

指揮     阪 哲朗
Vin      フランク・ベータ―・ツィンマーマン

        大阪フィルハーモニー交響楽団



        
ドイツ生まれの、現代最高峰ヴァイオリニストによる美しいブラームス。

とんでもない名演でした。
正統派、知的、繊細、躍動感・・・・
ありふれた陳腐な言葉で語れば語るほど
実際とかけ離れていきそうで
彼の素晴らしさをどう表現したらいいのかわからない。
隣に座っていた人は泣いてはったよ。

(アンコールはバッハ無伴奏ヴァイオリンパルティ―タ第3番よりプレリュード、
こちらも感涙もの)

ツィンマーマン目当ての客が多かったのか
協奏曲が終わった時点で帰ってしまった人も少なからずいて残念でしたが
なかなかどうして、後半のブラ1もとてもよかった。

日頃お世話になっている先生が出演されていることもあって
今回は珍しく娘も同行しました。
終演後あれやこれやと抑えきれない感動を分かち合える日が来ようとは。
なんだか夢みたい。
夢ならどうか覚めませんように。



◆ツィンマーマンのことが書かれています↓
 大フィル公式ブログ 

◆過去に当ブログでもチラっと触れたことがある愛聴盤、
 日本では長らく廃盤になっていたのがこのたび再販になったようです。
 こんな名演奏が聴けるCDなんてそうないのに
 おかしいでと常々思っていたやつ。
 このイザイ無伴奏はバッハの無伴奏を弾く為に練習したとか。。

b0148547_2314287.jpgイザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ
[PR]

by konekohaku | 2013-10-06 07:37 | music  

<< もっと伸ばして 1 two cats >>