Any Day Now


えーっと、
映画「チョコレートドーナッツ」を観たのだった

b0148547_7453681.jpg


ストーリー:
1979年カリフォルニア、歌手を目指しているショーダンサーのルディ(アラン・カミング)と弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)はゲイカップル。
母親に見捨てられたダウン症の少年マルコ(アイザック・レイヴァ)と出会った二人は彼を保護し、一緒に暮らすうちに家族のような愛情が芽生えていく。
しかし、ルディとポールがゲイカップルだということで法律と世間の偏見に阻まれ、マルコと引き離されてしまう。 ~シネマトゥディより


あちこちで大絶賛される中、こういう意見を書くと非難されそうだがどうも引っかかることがあってちょっと置いてけぼりを食らってしまった。

助けたいという思いは痛いほどよくわかるが、気にかけて面倒をみてあげるのと、親となってその子の人生を引き受けるのでは責任の重さに大きな差ある。恋人と出会って間がないあの状況で、長きに渡ってマルコを経済的に支え続けられるという確証はないはず。自分たちが誰よりも親になるに相応しいというあの自信はいったいどこから来るのだろう?本気でマルコを守りたいなら他の選択肢も含めもっと広い視野であたるべきなのでは?
なにより彼らの行動がとても不自然に感じてしまったのは、マルコの保護が目的であったにせよ、それ以上にゲイを理由に世間から拒絶されていることに対して意固地になっていたように映ったからなんだと思う。
それに昨日までほとんど口も聞いたことがない人に、いくら愛情に飢えているからといって子どもはそこまで心を開いて実の親子のように懐くだろうか? 
でもこれ実話なんだよな~と帰ってからプロダクションノートを読んでみると、ルディという実在の人物が同じアパートに住む薬物依存の母を持つ被虐待児の面倒を何度かみてあげたことがあり、それを知った脚本家がインスパイアされて書き上げたフィクションだとのこと。
(監督トラヴィス・ファインのインタビューより)
ふむふむやはり。

もう少し、ルディがどうしても里親になりたいと思うに至った彼自身の背景や、要保護児童を取り巻く当時の制度や施設環境面での問題点などを具体的に描いてくれたらもっとすんなり受け入れられたかもしれません、、、。


b0148547_7502258.jpg


性的指向の問題で社会的差別を受けるのは不当だ。それに対しての闘いはきちっとすべきと思っているけど、なんだかあれもこれもをごちゃごちゃにして感動物語を作りました臭がプンプンして不愉快だったわ。

しか~し

アラン・カミングの魅力は半端なかったけどね!(大好き)

オフィシャルサイト:
http://bitters.co.jp/choco/

[PR]

by konekohaku | 2014-06-02 19:18 | movie・theater  

<< haku 2014.6 Cabaret 2 >>