2015夏の旅~イタリア4


旅先では疲れるからあれもこれもと欲張らないで的を絞ってのんびりと、と言っていた夫、ヴェネツィアから戻った夜突然「明日はピサの斜塔を見に行きましょう」とのたまう。そういえばそもそもこの旅行、6月のとある日お盆はフィレンツェへ行こうと急に言い出したのも夫だった。え~っ夏は暑いよ~、高いよ~、来年のGWにしない~?といっても「行ける時に行っておきましょう」と彼はその主張を曲げなかった。前述のとおり、実際私たちを取り囲む環境は目まぐるしく変化していて、「行けるときに」というのは本当にそうなんだった。だから今回も素直に従うことにしました。あの時ピサに行ってれば~って彼が後々思わずに済むように。


~~~  MEMO   ~~~
・ヴェネツィアへ行くとき利用した高速列車Frecciargentoはピサには停車しない。普通列車または快速列車を利用すること。予約不可。
・Livorno行きに乗ってPisa Centrale(ピサ中央駅) で下車する。ピサ中央駅からピサ大聖堂までは徒歩20分。
・駅に改札はないがホームに検札機があるので購入した切符は必ず機械に通し日付と時間を刻印すること。
・推測される、夫がピサに行こうと思いついた主な理由は次の2つ。その1、フィレンツェから近い。電車で1時間ほど。その2、ピサはガリレオ・ガリレイの故郷である。
      ~~~~~~


翌日サンタ・マリア・ノヴェッラ駅のチケット売り場へ行くとピサ行きの切符はあそこのタバコ屋で買ってね、と係りのおじさん。えっ?切符をこのチケットブースじゃなくてタバコ屋で買うの?おじさんが指さした方を見るとキオスクのような小さな売店が。半信半疑で近寄ってみるとそこに行列ができていて、皆イタリアのマンマのような女性から切符を買っていました。チケットブースは座席指定のある列車だけ取り扱っているのかしらん?謎。

b0148547_11415998.jpg


皆に倣ってピサ行きまでのチケットを手に入れました。ところでワタクシのiphoneさまは今日のピサは夕方まで雨だという。何度チェックしても変化なし。で、雨具を用意しました。この時期雨は少ないのにツイテないわ、、、と思って到着してみると・・・↓ iphoneもええ加減(笑)。
b0148547_11385271.jpg


上の写真は駅前を写したもの。私たちはさっそく斜塔をめざします。地図で確認すると正面の建物の右手からも左手からも行けるのですが、人の流れはほぼ右から。たくさん人が歩いているので付いていくことにしました。

b0148547_1139616.jpg



ピサの斜塔とはピサ大聖堂の鐘楼を指すのですが近くを流れるアルノ川の土砂が堆積した上に立っているためそもそも地盤が悪く、建設の途中で早くも傾き始めたのだそう(着工は1173年)。一時期5度以上の傾斜があったのがその後の対策により現在は4度程度だとか。2001年に崩壊防止対策工事が終了し今は頂上まで登ることが可能です(要予約)。ガリレオが落体の法則をピサの斜塔で証明したという話がありますが、それは弟子の作り話ではないかという説が有力。そんなことやあんなことを頭に過らせながら、アルノ川を渡りどん突きのように見える石塀を道なりに左折すると、前触れもなくいきなり目に飛び込んできた光景に夫と二人で大爆笑。えええええーっホンマに傾いてるわぁ~~~。

b0148547_1245349.jpg


それまでたらたらと歩いていた私たちも思わず足早に。近くで見ると相当アンバランス。

b0148547_19572896.jpg


気になる足元は大理石で麗しく固められて。
b0148547_20594969.jpg


b0148547_2016526.jpg

想像以上のインパクトに来た甲斐あったねーを連発。


斜塔に別れを告げ近辺をぷらぷらと。
b0148547_20203579.jpg


しばらく橋の上に佇み当時と変わらぬはずの川の流れに遠い遠い過去を見ていました。ガリレオもこの地でこうやって風を感じていたんだよね、と。
b0148547_2065578.jpg
                        アルノ川
[PR]

by konekohaku | 2015-10-04 21:13 | Italy  

<< 2015夏の旅~イタリア5 2015夏の旅~イタリア3 >>