2015年 05月 13日 ( 1 )

 

2015.5 UK 7 ~Oxford 3


また雲行きが怪しくなってきました。
クライスト・チャーチを出て今度はボードリアン図書館を目指します。

ここは道の途中にあったOriel College、非公開で中には入れません。
写真では見にくいと思いますが正面ポーチの上の2体の銅像や、曲線を取り入れたデザインがとても愛らしかった。このあたりにはこういったカレッジがいくつもあります。(その集合体がオックスフォード大学)
b0148547_17203561.jpg


ぽつぽつと降りだしました。
b0148547_17215564.jpg


右手奥にある塔がとても立派だったので行ってみることに。
b0148547_17241356.jpg



b0148547_17243429.jpg


先ほど見えていた塔はUniversity Church of St Mary the Virginという名の教会でした。
うろうろしていると奥でミサが始まり、しばらくパイプオルガンの音に耳を傾けていました。小さなオルガンでしたが厳かな空間によく響き、コンサートホールで音楽として聞いている時とはまた別の感慨がありました。
b0148547_1725576.jpg


b0148547_17251331.jpg


ハートフォード・ブリッジ、通称ためいき橋。1914年に造られたとか。
b0148547_17252359.jpg


地図で観るとこのあたりにボードリアン図書館があるはず。なのにこの写真の建物の前にあるのは近代的な図書館。おかしいなぁと思ったらこちらは新館で、別の場所にOld Bodleian Libraryはあるらしい。 道路に設置してあったMAPで確認して移動。
b0148547_17253899.jpg


ありました。玄関前の銅像が目印です。
b0148547_17255111.jpg


反対側から見たところ。wikiではヨーロッパ有数の伝統を誇る図書館とされています。
b0148547_17261110.jpg


図書館主催のツアーを申し込めば中に入ることができたのですが、時間の関係で入口までで帰りました。惜しいことをしちゃった。正面はハリポタのロケに使われたホール、ちらッと見ただけでも天井の細工の素晴らしさはわかりました。ここは是非再訪したい場所です。
b0148547_17262898.jpg


またお天気が回復してきました。
b0148547_1727565.jpg


ラドクリフスクエアと呼ばれるあたり。石畳は手作り感に溢れウォーキングシューズでも歩きにくい。
b0148547_17264942.jpg


このあたりの散策も終わりそろそろロンドンへ戻ろうかと話した矢先、姪が写真中央の塔を見て「あれ?あそこに人がいる!」と声をあげました。視線の先を眺めてみると確かに人が動いている!
b0148547_17271996.jpg


拡大すると、、人の頭がわかるでしょうか?
b0148547_17284426.jpg


ここはさっき訪れたUniversity Church of St Mary the Virginでした。
気が付きませんでしたが£4払うと塔の上に登れるとのこと。人ひとりがやっと通れるほどの狭く急な階段をえっちらおっちら上がります。すれ違った時の待避所は壁に彫られてwいましたが、先が見えずどこまで続くかもわからない逃げ場のない階段は閉所恐怖症の人にはきついかも。
b0148547_1729092.jpg


b0148547_17291416.jpg


中世の面影を残す町とその奥に続く昔から変わらずそこにあったでだろう美しい丘。
今回のオックフォード探訪で私が一番感動した瞬間でした。
b0148547_17292534.jpg


すっかり堪能したところで、ロンドン行きのバスに乗るためバスステーションへ。
ところが反対車線のバスステーションにX90の乗り場がない。
停まっていた他の系統のバスの運転手さんに聞くと「X90のバスステーションを通るから連れて行ってあげるよ!乗って!」と。大丈夫か?と少々不安でしたがかなり離れた場所にあるステーションでちゃんと降ろしてくれました。もちろん無料で。なんて親切なの~?日本人感覚だと反対方向のバスは反対側の車線にあるバス停に来ると思いがちですがこの辺りはどうも違うよう。迂闊でした。
b0148547_17294353.jpg


なんやかんやで8時前に無事ロンドンへ。この時間まだ明るいです。
楽しみにしていたサンデーローストビーフ(日曜日にしかメニューにない)を食べるつもりで宿泊ホテル近くのパブへ。残念ながら売り切れで仕方なくローストチキンとビールで乾杯。(教訓:サンデーローストビーフはランチで食べるべし。)この後また夜景でも観にいくか!と元気に話していたのですがホテルに戻ると二人ともベッドに倒れ込み動けず(笑)。そのまま大人しく過ごしたのでした。
b0148547_17295761.jpg


(続)
[PR]

by konekohaku | 2015-05-13 20:25 | イギリス