2015年 12月 30日 ( 1 )

 

シルヴィ・ギエム ファイナル


バレエダンサーを見ていると頭身バランスはもちろん、股関節の開きや柔軟性など努力だけでは超えることのできない、持って生まれた身体の資質みたいなもの感じることがある。踊りに対する感性や能力、精神力、恵まれた身体、それらを兼ね備えている人が一流のプロになれるんだろうけど、ギエムさんはその全てを最高レベルで保持しているように思う。兵庫公演で踊ったのはコンテンポラリーの「TWO」と「ボレロ」。幸運にも超良席のチケットが手に入り、肉眼で細部まで食い入るように観ることができた。

b0148547_1347244.jpg


「TWO」
透けて見えるかのような関節や腱が生み出す流麗な動作に光がぴたりと纏わりつく。この世で唯一無二の存在がたった一人で極限の表現に挑んでいるかのような超越した時間と空間。何か途轍もないものを目撃したような気持ちに。

「ボレロ」
終演後、「今日はファイナルだからかボレロも特によかったですね」という興奮気味の観客の会話が聞こえてきた。しかし同行の友人はむしろ10年ほど前に観た時と全く変わってなかったことに驚いたという。同年代だからわかるが、この年齢で維持できているというのは本当にすごいこと。手や足、もちろん身体全体もバレエど素人の私は大変重いものと捉えているけれど、ギエムさんは全く重力を感じていないかのような弾力とキレ。そしてこの踊りでもそれぞれの関節の、並外れた滑らかさを目の当たりにすることに。

カーテンコールで何度も姿を見せてくれたギエムさん。ファンから渡されたサンタの絵がかかれた紙袋を持つ姿が本当に愛らしくて。50を境に女性の身体の変化は凄まじく、彼女が今引退という道を選んだのはよくわかる。最後まで完璧な踊りを見せてくれたことに心からの拍手!
@兵庫芸術文化センター


・・・・・・・・・・・・・・

というわけで今年はバレエの真似事をしているものからすると神さまのような存在であるギエムさんの、ファイナルという特別な公演で締めくくることができました。家庭内では色んな案件がでてきて落ち着かない日々を送っていましたが、お遊び部門ではそんな心のざわめきを忘れさせてくれるかのように素晴らしいステージに出会いました。中でも、背景や抱えている問題は違えどその親子関係に深く深く共感するところのあったミュージカル「Gypsy」と「Fun Home」、クラシックコンサートではああやっぱりこの人の音楽性が好きだ~と再確認したピリス&メネセスさんの演奏会が格別でした。来年も心躍る瞬間にたくさん出会えるといいな。

皆さまもよいお年をお迎えになりますよう。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

b0148547_13302152.jpg

[PR]

by konekohaku | 2015-12-30 20:56 | movie・theater