カテゴリ:未分類( 6 )

 

2015夏の旅~イタリア5


b0148547_8285281.jpg

さて肝心のフィレンツェ。あまりにも心動かされたものだから、自分の陳腐、稚拙、表層的な言葉で書くのを躊躇し続け今日に至る(笑)。吐き出したとたん、シャボン玉みたいに、心の中で複雑に張り巡らされていた大切な思い出が一瞬で弾けてしまいそうなんだもの。


b0148547_22265534.jpg

訪れた美術館は今回は3つだけ(+ヴェネチア1)。これでも私たちが咀嚼するには多すぎるほどの量でした。今はどこも写真撮影可に。


b0148547_224866.jpg

今回の旅で最も強烈に私たちの心を捉えたサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。一つ一つの小さな大理石にも美意識が感じられるこの建築物、放置されていた期間も含め完成には約600年の月日がかかっているのだそう。
聖堂であることから(宗教的な)神と対峙し聖人たちを記憶するホーリーな場所であるのだけれど、妥協のない建築技術に支えられた威圧的な姿と細部に至る拘りに、不遜なまでの人間の顕示欲やら傲然とした部分が表出しているように感じました。そこに一番惹かれたかな。超越したものに対する敬畏の念と、同時に人としてのルーツを再発見したような気持ち。

b0148547_9381578.jpg

b0148547_9382571.jpg

b0148547_9383437.jpg
内部。床の装飾も素晴らしくて。1478年、この美しい空間において対立していたパッツィ家の者にメディチ家兄弟が襲撃され弟は死亡、兄のロレンツォは助かります。首謀者たちは絞首後ヴェッキオ宮殿の屋上に晒されたとか。殺された弟ジュリアーノの思い人は非常に美しい人でボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」↑ の女神のモデルと言われています。

b0148547_9384640.jpg


b0148547_1055075.jpg




b0148547_21105690.jpg
帰国前日に撮った夕暮れ時のポンテ・ヴェッキオ。建物のように見える橋の上の部分は襲撃を避けるためにメディチ家によって設けられた専用通路で、住居であるピッティ宮からウフィッツィまでを貫き現在も回廊として保存されています(ヴァザーリの回廊)。公開されている時に通ってみたいな。

b0148547_1193614.jpg
           別の日に撮ったもの。ウフィツィ美術館から。


道行く人々は紛れもなく今を生きる人たちでありながら、そこここに過去の偉人たちの残像が共存し、その後ろ姿を追いかけながら彼らの偉業をこっそりと覗いていたような今回の旅。こんな非日常の異空間においても茶の間の寛ぎを携帯してきたかのごとく、安心感と笑いをもたらしてくれた同行者にも感謝せねば。さよならイタリア!また来るね。
b0148547_11402625.jpg



通行の邪魔になりそそくさと停止したので尻切れトンボですが、、、
         


    
[PR]

by konekohaku | 2015-10-07 23:51  

修理 2


液晶パネルを自分で交換しようと思いつき
次のような手順で実践に移しました



ど素人の私に技術的に交換が可能かどうかを調べてみる


ネットを検索していたところ
次の動画を発見



ウチの猫にでもできそうなくらい(?)簡単で
これなら自分で交換できそうです




交換用の液晶パネルが手に入るかどうかを調べてみる


前述のとおり、私のパソコンの液晶画面サイズは
一般的なものではなかったので
ノートPCの型番で検索しても
該当の液晶パネルはヒットしませんでした

そこで、とある修理やパーツ販売が専門のお店に
直接メールで入手可能かどうか問い合わせてみました

すると今店頭にはないけれども取り寄せできるとのこと

詳細な液晶パネル型番や表面のツヤの有無、
価格、支払、受け渡し方法に関してなど
数回にわたるメールのやりとりを経て
商品の取り寄せを依頼

お店の評価を調べ
信頼おけると判断したのでカードで前払いし、
商品の到着を待ちました



交換してみる


注文から約1週間ほどで丁寧に梱包された液晶パネルが到着しました
動画で見た手順のとおり
外枠を取り、割れた液晶パネルをケーブルから外し
新しい液晶パネルを繋いでみました
枠を元通りにして
電源を入れたところ
見事にPCが蘇っていることを確認しました


(かかった費用 液晶パネル代送料込で¥29,800)





*********************************************




愛着のあるPCが元通りになりました

ハクが噛んで割れた角(!)
使い込みすぎて文字の薄れかけたキーボード

なにもかもが懐かしく感じました

嬉しくて嬉しくて
さっそく馴染みのサイトにアクセスしたり
メールをチェックしたりしてみました


しばらく触っていると
意外なことに私は気が付きました


たった1ヶ月ほどの間に
あんなに不満を漏らしていた新PC(viao)とwindows8に
私は知らず知らずの間に順応していて
今度は旧PCに戸惑いを感じていたのです
一旦windows8に慣れてしまうと
7は古臭い感じすらしました

適応力は人間にとって非常に大切な能力ですが
わずかな間に愛着のあった物にすら
違和感を持つ自分がすこし哀しくもありました




旧PCが復活したらvaioは主人にあげることになっていました
主人の自宅用のノートPCは(仕事用とは分けている)
私の旧PCよりさらに古く、動作が遅かったからです


はい、どうぞ


約束通り
私はvaioを主人に渡しました


おお、ありがと、ありがと


vaioは
今度は新しいオモチャを手にしたように興味津々の様子の
私の夫と向き合っていました


さようなら、
新しい主に大事にしてもらうんだよ


私は少し寂しさを覚えながら
白い背中に向かって
心の中でそうつぶやいたのでした



b0148547_1556594.jpg
手前が取り外した液晶パネル、傷が入っています  真ん中が蘇ったPC 奥の白いのがお役御免になったvaio君です
[PR]

by konekohaku | 2013-05-06 14:18  

2つのコンサート


今週末2つのコンサートへ行きました

昨日

エサ=ペッカ・サロネン 指揮
フィルハーモニア管弦楽団による来日公演

プログラムは

サロネン : ヘリックス
チャイコフスキー : ヴァイオリン協奏曲 (Vn ヒラリー・ハーン)
シベリウス : 交響曲第2番

アンコールは
バッハ    無伴奏ヴァイオリン パルティータ第3番 ブーレ (by ヒラリー・ハーン) 
シベリウス 「ぺレアスとメリザンド」より メリザンドの死
        「カレリア」組曲より 行進曲風に


フィルハーモニア管弦楽団はロンドンに拠点を置く名門オーケストラ
指揮者のサロネンさんは同楽団の首席指揮者・芸術顧問です
今秋のウィーン・フィルの日本公演にて
小澤征爾さんの代わりに振ることになった方です

ヒラリー・ハーンよかった~
天才少女と言われ続けた彼女ももうすっかり円熟し
実にしっとりとした堅実な演奏を聞かせてくれました
高音域の音色は鳥がさえずるかのごとし、で
心の中で唸り声あげちゃいましたよ

シベリウスの交響曲第2番
オケの実力が見事に出て聴きごたえありました
サロネンさんは昔シベリウスがお嫌いだったそうで避けていた時期があったとか
だけど
お国の方が振られると(シベリウスもサロネンさんもフィンランド出身)、
やっぱりしっくりときます
身体の中にしみ込んだその土地ならではの感性があるんでしょうね

アンコールの「メリザンドの死」は涙もん!
弦、うまっ!

いい演奏会でありました



そして本日

主催者の方のご厚意により
某クラシックコンサートに夫婦揃ってご招待頂きました

良い席をご用意頂き
素晴らしい響きを心ゆくまで堪能させて頂き
終演後楽屋に案内頂き
サイン頂いたり写真を撮って頂いたりしてしまいました

・・・バチあたりそうや(感涙)
[PR]

by konekohaku | 2010-05-30 23:01  

病気だったんだ・・・



二日前あたりから
何回もトイレに行くのでおかしいなと思っていたら
昨夜遅く血尿がでた

日曜日も診察している動物病院を探し
朝一番で
診ていただいた

しばらく抗生物質を飲んで
再検査

今のところ
原因も病名もわからない

b0148547_22175078.jpg

昨夜は心配でよく眠れず
早く元気になって、ハクちゃん





にほんブログ村 猫ブログ 子猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
[PR]

by konekohaku | 2008-10-19 22:31  

それは突然はじまった



少し前からハクが粗相をするようになった


1回目 掛け布団の上
2回目 いつも遊んでいた菓子箱の中
3回目 ダンボール箱の上


トイレの砂でするように
前足でかきかきしたと思ったらあっという間

1回目は去勢する前々日だったから
手術とは関係ないだろうし

トイレはトイレで嫌がらず使ってくれている

ハクのまわりの環境に変化があったとも思えない

気がつかないことで
何かストレスを与えてるのかな?

とりあえず粗相をしたものは
すべて撤去という形で対処した




どうしちゃったんでしょうねえ、ハクさん
b0148547_14544383.jpg

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや、ってか?
はいはい、まだまだ飼い主としての修行がたりないことはわかっとります








にほんブログ村 猫ブログ 子猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
[PR]

by konekohaku | 2008-10-17 15:19  

去勢手術




b0148547_8462287.jpg

きのう、
去勢手術を受けた
キャリーバックで出かける時から泣き通し
患部は前と変わらないほど膨らんでいる

大変な一日だったね
[PR]

by konekohaku | 2008-10-09 08:50