カテゴリ:music( 32 )

 

マリア・ジョアン・ピリス&アントニオ・メネセス デュオ・リサイタル


ピリスさんとメネセスさんのコンサートに行きました。

ベートーヴェン:チェロとピアノのためのソナタ 第2番 ト短調 op.5-2
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 op.111(ピアノ・ソロ)
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV1008(チェロ・ソロ)
ベートーヴェン:チェロとピアノのためのソナタ 第3番 イ長調 op.69

アンコール
J.S.バッハ:パストラーレ BWV590より 第3曲
ショパン:チェロ・ソナタ op.65より 第3楽章

マリア・ジョアン・ピリス(pf)
アントニオ・メネセス(Vc)
兵庫県立芸術文化センター 大ホール


深い洞察力に色彩豊かな音、ピリスさんの演奏にはこれまで何度も驚かされてきたけれど、これほど味わい深い32番は聴いたことがなく今回もまた別次元の精神世界に触れたような気持ちに。32番はベートーヴェンの最後のソナタで、彼の最晩年と同じ齢を生きる今だからこそ、この曲に込められた万感の思いをピリスさんという一級の表現者を通して余計に汲み取ることができたのかも。最終章の幕切れにはほとんど泣きそうになりました。ピリスさんの演奏を聴くといつも、演奏者からピアノへ向かってのエネルギーだけでなく、打鍵によって響いてくる音が一度演奏者に吸収されて次の音に繋がっていくようなサーキュレイションを感じるのですが、メネセスさんとの間においても同様のよい循環が存在し、余白を含めたお二人の演奏に対する感覚が一体化しているのがよくわかりました。そしてメネセスさんのバッハの無伴奏。人格やテクニックに裏打ちされた深遠さと作曲者に対する誠実さが感じられ、音の一つ一つが細胞の隅々にまで沁み入る思い。この演奏からもピリスさんの音楽性と方向が一致しているなぁと。アンコールのショパンは濁りが一切感じられない美しさで言葉もなく。極上の音楽に触れて悦びに打ち震えた一日、そういえば子どもの頃から本当は何より音楽が好きだったんだ、とすっかり忘れていた自分を思い出させてくれました。
[PR]

by konekohaku | 2015-11-11 06:46 | music  

ヨナス・カウフマン「冬の旅」~ジャパンツアー大阪公演 


東京小旅行が楽しくて楽しくてハイなテンションが抑えきれないまま、一転その足で大阪にて傷心の旅へ。

若い頃には音源でよく聞いていたシューベルトの冬の旅。実演に触れるのも何十年かぶり、自分の精神的な成長(老化ともいう)を感じつつ当時を懐かしむような心持ちで耳を傾けた。

ソリストはヨナス・カウフマン。テノール歌手なので違和感があるかなと思いきや、暗めの彼の声質とドイツ語の響きの美しさですんなりと入っていけた。細かな点でシューベルトのこの歌曲に対する自分の好みとのズレがなかったわけではないけれど、ちゃんと一人の若者の感情の起伏や変遷が物語として完結していてよかった。あと発声法が面白いなぁと。私は歌は正式に習ったことはないけれど彼独特?気のせいかしら。

今回の公演も友人のお誘いで。押えてくれた席がまた私の好きな場所あたりで舞台上のカウフマンを軸に発生する音波がホール全体の響きを含みつつ耳に到達し心地がよかった。

余談だけれど梅田からタクシーを拾い「シンフォニーホールまで」と告げると若い運転手さん、「シンフォニーホール?」と車のナビを設定し始めた。それでもわからなかったようで今度は自分のスマホを出してきてナビを開く。「JR福島駅の近くですよ」「ん?」「環状線の福島駅ですよ」「はあ」「近くにライオンの会社がある、、」とこちらも後ろから声でナビ開始。それでも「ん?大きな建物ですかね?」などと言うので、「大阪は初めてですかっ?」とチクりとツッコミ入れてしまったよ。あかん、更年期かも(かも、じゃないw)。
[PR]

by konekohaku | 2015-06-10 21:51 | music  

HIROMU KIRIYA LIVE 2015


「コットンクラブでのライヴに行きませんか?」

本場はもとより東京のコットンクラブにも行った事のなかった田舎者のワタクシ、お誘いを受けていそいそと。ヴォーカルは元宝塚男役の霧矢大夢さん。

大人な仲間4人で座ったのはホールが広く見渡せる4人掛けのソファーのブース。なに?なに?ここ特等席じゃない?私にはもったいないようなお席だ!

song list:
Fly me to the moon
It don't mean a thing
The best is yet to come
My favorite things
Blue moon
Everytime we say goodbye
Night and day
Sin tu amore
Musical medley
Mi mancherai
Stand by me

vo 霧矢大夢
p,key 安部潤
g 増崎孝司
b クリス・シルバースタイン
ds 波多江健
sax/flute グスターボ・アナクレート
cho Sky

霧矢さんは宝塚退団直後は男役時代との音域の違いにかなり苦労されているようにお見受けしたけれど今では高音部も自然で美しい。ずいぶん努力をされたんだろうな。アルトサックスの音色がまた絶品で。あの艶とまろやかさはそうそう出せるもんじゃない。

小洒落た空間、テーブルできらめくグラス、ジャジーな音楽、そして素敵な仲間。大人になるっていいもんだねぇ。(ってあんたいったいいくつやねん)
[PR]

by konekohaku | 2015-06-09 06:47 | music  

IDINA MENZEL JAPAN TOUR~大阪城ホール


イディナ・メンゼルほどナマ歌を聞かないとその実力のほどが伝わらない人も珍しいと思う。
トニー賞やアカデミー賞のパフォーマンスでは緊張したのか伴奏とテンポがあってないし音を外すし。その他諸々どれを当たってみてもろくな映像が見当たらない。
CDの録音も彼女のまるで光の矢のように空間を駆け抜けていく伸びやかな声色を捉えているものは私の知っている限りないような。音源として格納されるとどいうわけだか声の芯から波及する微細で美しい響きは伸縮性とともに消滅し、壁にぶちあったようなある意味行き詰まりを感じるような声にしか聞こえない。
がなっているだけ、実は私もある時期までそう思っていた。

今回の来日公演、イディナの大ファンである姪に誘われチケを取ってもらったものの、大阪城ホールという大きすぎる箱でやることもあってあまり興味が持てず数日前まですっかり忘れていた。まあお付き合いしますか、程度のノリで会場入りしたが、これがとんでもなく良質のコンサートだった!そこそこBWでいろんなパフォーマーの歌を聞いているけれど彼女の歌唱力はやはり抜きんでている。とにかく器用。線の細い爽やかな歌声でありながら、楽譜に書かれている音符の数の、数十倍を味わえるような濃厚さ、ビヨンセなんかもそのタイプだと思うのだが単調に歌えばさして面白くないものも彼女にかかると、こう来たか!と驚きの連続だ。あんなに上手い「tomorrow」を聞いたのは初めてだったよ。

コンサートの様子はプロの方が詳細かつ的確に書いておられるのでこちらで。イディナの素晴らしさがよく伝わるレポです。

これ→日本武道館公演速報レポート


個人的に嬉しかったのはエセル・マーマンメロディーとしてEverything's Coming Up Rosesを歌ってくれたこと。先月GYPSYを観たところなのでヤッター!と内心ガッツポーズ。上のレポでも書かれているようにRENTのデュエット曲「Take Me or Leave Me」で客席降りした時、中学生くらいの女の子も含め名乗りでた観客がジョアンのパートを物怖じすることもなく完璧に英語で歌えたのには、みんなどれだけ作品を愛しているんだ?と驚きと感動で笑い泣き。そしてWICKEDの「For Good」をノーマイクで語りかけるように歌ってくれた時には誠実さを感じてしみじみとしてしまった。イディナの声はしっかりと隅々にまで届いていたよう。あの静かな歌が響きのない巨大な会場で届いたのだから、それは声量というよりおそらく特別な声質のせいなんじゃないかしら。

アナ雪ファンばかりかと思いきや、RENTファン、GLEEファン、WICKEDファンが大半で、どの時点からかはわからないけれど、無名のオフブロードウェイ時代から今のポジションになるまでのイディナをその時々に皆しっかりと目に焼き付けここに集まったのだなぁと思うとまたうるうるしてしまった。そしてこういったノリノリの音楽コンサートって本当に楽しいと改めて。 サザンや嵐などのコンサートに行く友人たちが「行かな人生損するで!」と言っているのがわかったような気がした。誘ってくれた姪に感謝感謝!
[PR]

by konekohaku | 2015-06-08 06:46 | music  

Orpheus Chamber Orchestra



ちょっと寒すぎますー


FBをチェックしていたら東京に住む幼馴染が

オルフェウス室内管弦楽団のコンサートに行ってきた、
めちゃよかった

とUPしていました
(いや、実際はこんな貧相な感想ではなくて
もっと具体的にどこがよかったかを書いてはります)


ええなぁ~
今回私はパスりましたけど


で、こたつでハクオとまったりしながら
冷え冷えとした雪の夜にぴったりな
懐かしの映像を観てました

うう、やっぱり素晴らしすぎる
歴史的名演やと思うんですけど、これ





[PR]

by konekohaku | 2014-02-08 00:17 | music  

Orchestre de Pais × Paavo Järvi 続き



パリ管×ヤルヴィの
サン・サーンス交響曲第3番「オルガン付」があまりに良かったので
往生際の悪い私はもう一回どこかで聴くことはできないかと
これからの巡回地をネット検索

ヤルヴィ氏は2年後NHK交響楽団の首席指揮者になることが決まっているし
この先、この組み合わせでこの名曲が聴ける保証はないのだ

明日のサントリーは急なうえにチケは完売、音はここが一番いいのは間違いない
木曜のみなとみらいのオルガンはストップ62パイプ4620アメリカ製、うーん行けんことはないけどな
金曜福井県立音楽堂はストップ70パイプ約5000ドイツ製、ふむふむここのホールよさそう、
でも仕事が休まれへんし福井県って行くのにかえって時間がかかりそう

と進んで
今週土曜日の倉敷市民会館でのコンサートはどないなもんや?と
どっちみち予定が入っていて行けないのだが興味本位で調べたところ
びっくり仰天の事実を発見


倉敷市民会館にはパイプオルガンがない


な、な、なんと倉敷では電子オルガンで演奏するそう!!!

まじ?まじ?まじ???

チョン・ミョンフンのニュースを聞いたとき、そりゃあかんわと思ったけど
そう珍しい話でもなかったのね(驚)

サン・サーンスが自分の全てを注ぎ込んだと言った交響曲第3番
フランスの一流の楽団による演奏は確かにそうそう聞けるものでない
地方の方にとってはなおさらのこと

あの、パイプオルガンのごおーっとホールを揺さぶるような
または包み込むような響きとオーケストラとの融合を
是が非でも体験してもらいたいところだけれど
そう思うのは贅沢なことなんかな


詳細はコチラ 
[PR]

by konekohaku | 2013-11-04 22:30 | music  

Orchestre de Pais × Paavo Järvi 


しのびよる気配

動きを止めて
息をひそめる

張りつめた空白のあと

静かに姿を現したのは
全てを包み込んでしまうほどの
大きく温かな存在

その厳かなる安らぎにひれ伏し歩み寄り

重ねつつ絡まりつつ
この上なく美しい調和の時が始まる...



*********



ストップ数90、パイプ数7155本
日本最大級のパイプオルガンを持つ京都コンサートホールでの
パリ管弦楽団のコンサートに
オルガン行脚続行中の娘と共に行ってきた
指揮はもちろんパーヴォ・ヤルヴィ

演目は私の大好物のこれ!




シベリウス:「カレリア」組曲 op.11

リスト:ピアノ協奏曲第2番 イ長調 S.125
( ピアノ ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ)

サン=サーンス:交響曲第3番 ハ短調 op.78 「オルガン付き」
(オルガン:ティエリー・エスケシュ)



シベリウスのカレリア組曲からヤルヴィさんの抑制のきいた棒と
各パートの巧さにやられっぱなし
ピアニッシモの美しいことったら

サン・サーンスの交響曲第3番では
もちろんパイプオルガンが大きな役割を担うのだけれども
第一部の後半、静かにパイプに命が吹きこまれると
骨の髄まで、いや産毛の先にまで貫通して低音の振動が伝わってくる
なんて素晴らしい(感涙)
私はこの曲の、オルガンと弦楽器の出会いの場面が大好きなのだ

弦楽器、木管、金管、打楽器
パイプオルガンにピアノ(2手)
それぞれのプレーヤーが巧いこともあるけれど
その持ち味を余すところなく引き出し、歌わせた、
ヤルヴィさんの統制力は見事

物語の始まりからエピローグへと
徐々に湧き上がってくる高揚感と開放感、
奏者の出すアドレナリンが突き刺さってきそうなほどの集中力
ティンパニーがブラボォすぎる!

10月に、この曲では定評のあるチョン・ミョンフンが
フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団と来日したのは
まだ記憶に新しいところ

関西ではオルガン付が演奏されず、また東京まで行く根性もなく
涙を呑んだがその悔しい気持ちもふっとんだ
(関西ではパイプオルガンのないホールのみのコンサートだった、
先日ニュースになっていた、
ミョンフンの某国パイプオルガン設備のないホールへの
この曲での招致問題は結局どうなったんだろう?)


順番が逆になったがリストを弾いたヌーブルジェ君も
瑞々しさと激しさと明晰さを兼ね備えていてとてもよかった
逸材やね、彼は

アンコールはヌーブルジェ君がショパンのノクターン op.62-2
そして
ベルリオーズ:ファウストの劫罰 ハンガリー行進曲
グリンカ:ルスランとリュドミラ序曲

極上のコース料理で
締めくくりに絶品デザートを2品食べたような気分

京都までのJRがやたらと高くて
交通費込みで娘の分も含め諭吉が片手ほど飛んで行ったけれど(痛)
こんなに美味しいお料理なら大満足ー!
[PR]

by konekohaku | 2013-11-04 18:16 | music  

Frank Peter Zimmermann



ツィンマーマン&大フィルによる京都特別演奏会に行ってきました。
@京都コンサートホール



ブラームス ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
        交響曲 第1番 ハ短調

指揮     阪 哲朗
Vin      フランク・ベータ―・ツィンマーマン

        大阪フィルハーモニー交響楽団



        
ドイツ生まれの、現代最高峰ヴァイオリニストによる美しいブラームス。

とんでもない名演でした。
正統派、知的、繊細、躍動感・・・・
ありふれた陳腐な言葉で語れば語るほど
実際とかけ離れていきそうで
彼の素晴らしさをどう表現したらいいのかわからない。
隣に座っていた人は泣いてはったよ。

(アンコールはバッハ無伴奏ヴァイオリンパルティ―タ第3番よりプレリュード、
こちらも感涙もの)

ツィンマーマン目当ての客が多かったのか
協奏曲が終わった時点で帰ってしまった人も少なからずいて残念でしたが
なかなかどうして、後半のブラ1もとてもよかった。

日頃お世話になっている先生が出演されていることもあって
今回は珍しく娘も同行しました。
終演後あれやこれやと抑えきれない感動を分かち合える日が来ようとは。
なんだか夢みたい。
夢ならどうか覚めませんように。



◆ツィンマーマンのことが書かれています↓
 大フィル公式ブログ 

◆過去に当ブログでもチラっと触れたことがある愛聴盤、
 日本では長らく廃盤になっていたのがこのたび再販になったようです。
 こんな名演奏が聴けるCDなんてそうないのに
 おかしいでと常々思っていたやつ。
 このイザイ無伴奏はバッハの無伴奏を弾く為に練習したとか。。

b0148547_2314287.jpgイザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ
[PR]

by konekohaku | 2013-10-06 07:37 | music  

フィルハーモニア管弦楽団演奏会



指揮 エサ=ペッカ・サロネン
ピアノ レイフ・オヴェ・アンスネス
管弦楽 フィルハーモニア管弦楽団
@兵庫芸術文化センター

■プログラム
ベートーヴェン:劇付随音楽「シュテファン王」序曲
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第4番(ピアノ:アンスネス)
マーラー:交響曲 第1番「巨人」

アンコール
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ22番op.54 第2楽章 (アンスネス)
ボッケリーニ:マドリッドの夜警隊の行進



バックハウスに代表されるような
昔ながらの、威厳や風格ある演奏とは趣を異にするけれど
アンスネスの安定感ある至純な表現は
雑さであったり無駄な誇張であったり、
そういった音楽から品格や美というものを
はぎ落してしまう可能性のある澱みを一切排除した、
非常に美しいものだった
指揮者のサロネンもアンスネスの演奏に感銘を受けた様子、
極上の名演だったように思う


マーラーの作品の中ではあまり人気がないと言われる交響曲第1番「巨人」
結構私は好きなのであった
演奏に関しては所々ミスがあったり、狙い通りに鳴っていなかったりして
ん?と思うところもあったけれど、サロネンの指揮には文句なし
前回来日の時も同じように感じたので
多分彼の音楽性が私好みなんだろう


終演後アンスネスとサロネンのサイン会が催された
チラシを手に並んでいるツワモノもいらっしゃったけど
せっかくなので新作のCDを購入
表紙にサインをもらった
(サロネンの方はあまりの行列に
私までサインをもらうのが申し訳ないように思えて並ばず)


アンスネスが小顔で驚いちゃった
[PR]

by konekohaku | 2013-02-04 00:09 | music  

a concert



b0148547_2032213.jpg
                 



元宝塚トップスター「えまおゆう」さん(愛称ぶんちゃん)の
サロンコンサートに行ってきた@宝塚ホテル

在団中、一度もぶんちゃんの舞台を観たことがないワタクシ
友人のお誘いでコンサートは3回目

曲は宝塚時代に歌ったものが中心で
当時からずっと応援し続けているファンの方が
懐かしそうに一緒にリズムを取りながら聞いているのが印象的だった
元歌劇団の方やOSKの方もたくさん来られていて会場は満杯
ぶんちゃんのぶっちゃけトークが面白すぎて大いに盛り上がった

裏表がなくて、真っ直ぐで、いつも真剣で

こういうタイプの人はおべんちゃらを言わない分
角が立ちすぎて、強そうに、エラそうに見えて
誤解されたり叩かれたりしやすいんやろな
ぶんちゃんは過去のあれやこれやのエピソードを笑いながら
話していたけれど
その実内面は繊細で傷つきやすい方のようにお見受けした

私も人と話している最中
またはメールなどでやりとりしている時
ああ、この人私の事誤解しているかも
と思う瞬間がある
それをうまく訂正する術もなく
また自分のことをいい人と思ってもらわなくてもいいか
という諦めの気持ちも働いて
一抹の寂しさを抱えながらそのまま別れることがある

きっとぶんちゃんもそんなことの繰り返しだったんじゃないかな


表現豊かな歌声と共に
打算のない、ピュアなぶんちゃんが
ますます好きになった




b0148547_20322248.jpg

写真は本文と関係ありませんです
[PR]

by konekohaku | 2013-01-13 23:51 | music