カテゴリ:music( 32 )

 

PAC定期演奏会


昨日兵庫芸術文化センター管弦楽団 (以下PACオケ)の定期演奏会へ行きました


b0148547_2319424.jpg



PACオケは阪神・淡路大震災からの復興のシンボルとして建てられた
兵庫県立芸術文化センターの専属オーケストラで
世界各地から集まった優秀な若手演奏家で構成されています
まだ若くて荒削りなところはたくさんあるけれど
それゆえの活気や勢いがあるオーケストラです



昨日は2009年シーズン初日
プログラムは

ブラームス ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.77
(ヴァイオリン:ジェームス・エーネス)

ドヴォルザーク 交響曲第8番 ト長調 op.88

指揮はもちろん
芸術監督であられる佐渡裕さんです



ブラームスの曲が美しいのは皆さんもうよくご存じかと思うのですが
ことヴァイオリンを歌わせることによって生み出される旋律の美しさは
言葉を失うほどであります

ヴァイオリン協奏曲しかり
ヴァイオリンソナタしかり

ちなみにブラームスはヴァイオリン協奏曲は1曲しか書いておりません

オーケストラによるやわらかな旋律の中に
天から舞い降りてきたかのように美しく響く
ソリストの奏でるヴァイオリンの甘美な音

時に大きく、時に清らかに畝る音の粒の中で
耽美でありながらも凛として響くストラディヴァリウスの音色に
第1楽章からウルウルきてしまいました;;

ジェームス・エーネスさんの演奏、素晴らしかったです



二曲目
ドヴォルザーク交響曲第8番
略してドボ8
私の大好きな曲であります

ドヴォルザークは9番の新世界が有名ですけど
8番は9番のような派手さはなく
ボヘミアの詩情漂うとても豊かで美しい曲です

佐渡さん、第一楽章から突っ走ってました^^
第一楽章がこのテンポなら
第四楽章はさぞかしと思っていたら
予想どおり煽る煽る、
楽団員の方も必死の形相で演奏されていました^^

ドボ8については
カラヤンやセルなどの
名盤と呼ばれるCDが世に存在しておりますが
私は中でもジュリーニ指揮ロイヤル・コンセントヘボウ盤が大好きで
その穏やかな演奏に耳慣れているので
昨日の演奏は
ずいぶんと忙しいドボ8に感じてしまいました

しかしながら強弱による音の色彩感を
佐渡さんはよく引き出し
満席の観客はすっかり彼のマジックに
心を捉えられておりましたよ


聴けばわかるブラームスとドヴォルザークの素晴らしさ
日本人の耳には
非常に馴染みやすい作曲家だと思います

今はレンタルショップだけでなく
図書館などでもCDの貸し出しを行っているところがありますので
秋の夜長に一度耳を傾けてみられませんか~?



b0148547_2319241.jpg
                   



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村 ←いつもクリックありがとうございます  
[PR]

by konekohaku | 2009-09-12 07:16 | music  

ご迷惑ですか?




b0148547_9123650.jpg



オーディオをかけてたら
こんな表情

耳をそばだて聴いているような
この上なく迷惑がっているような



b0148547_923466.jpg

Grieg: Lyric Pieces / Emil Gilels



にほんブログ村 猫ブログ 子猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
[PR]

by konekohaku | 2008-11-07 09:30 | music