カテゴリ:NY( 36 )

 

Hamilton


最後に観たのは「Hamilton」。

b0148547_8395768.jpg


アメリカ建国の父の一人であるAlexander Hamiltonの生涯を描いた作品。脚本、作詞、作曲は「In the Heights」で有名なLin-Manuel Miranda、ハミルトン役も彼自身が演じています。

独立戦争時に頭角を現したハミルトンはジョージ・ワシントンからの絶大な信頼を得て初代財務長官に就任しドル硬貨の発行や徴税システムなどを構築、合衆国憲法を起草し、傑出した才能で今日のアメリカの基礎を築きました。しかしながらその生い立ちは決して恵まれたものではなく、建国の立役者たちが揃いも揃って名門出身だった中、私生児であり西インド諸島からの移民であった彼は異色の存在で、生涯その出自のことを周囲から言われ続けていたようです。(詳しくはwikiやロン・チャーナウの「アレグザンダー・ハミルトン伝」などご参照ください。)

元々ブロードウェイミュージカルは移民の流入とともに発展し、「主流」とされるものから弾かれた、というか入れてもらえなかった人たちが作りあげてきた文化、作品には今も人権の主張が見られ反骨精神が流れて続けています(キャバレー、コーラスライン、ウィキッド、、、、ほとんどがそう)。本作品もまさにその延長線上にあり、ニューヨークへ移住してきた歴史的ヒーローの生涯をブロンクス(マイノリティが多い)発祥のラップミュージックにのせ、配役をジョージ3世以外、黒人またはヒスパニック系で固めて表現。作者であるリン・マニュエル・ミランダの目の付け所、そして切り口の鮮やかさにはあっぱれというしかありません。

ハミルトンは女性スキャンダルを巻き起こした初の政治家でもあり、生涯心の支えとなった妻とその姉、ハミルトンを嵌めた女、3人の女性の登場が等身大の人間ハミルトンを多層的に描く重要なファクターになっていました。高潔な精神を持ちながらも攻撃的になりやすいという弱点もあったハミルトン、それは相手側に潜む差別的な目線に対するコンプレックスからくる反動だったのかもしれませんが、それだけに敵の多い彼を包む家族愛が観客の心を捉えます。

キャストは皆素晴らしく正直主役のリンが歌も踊りも一番見劣りした(笑)。客席には年配のカップルが多く女性で泣いている方が多かったですね。アメリカの繁栄を導いた偉人の、プライドをかけた最期に特別な思いがあるのかもしれません。
さて来年のトニー、何部門獲得しますかね。



cast:
Lin-Manuel Miranda
Phillipa Soo
Leslie Odom, Jr.
Renée Elise Goldsberry
Christopher Jackson
Daveed Diggs
Okieriete Onaodowan
Anthony Ramos
Jasmine Cephas Jones
Jonathan Groff


Production Credits:
Thomas Kail (Director)
Andy Blankenbuehler (Choreographer)
David Korins (Scenic Design)
Paul Tazewell (Costume Design)
Howell Binkley (Lighting Design)
Lyrics by: Lin-Manuel Miranda
Music by: Lin-Manuel Miranda
Book by Lin-Manuel Miranda
[PR]

by konekohaku | 2015-10-18 09:42 | NY  

Les Miserables


ここまで3本すべてオリジナルキャストで観ることが出来、ラッキーラッキーと調子こいてたら思わぬところで悲劇はやってきました。ああ、みぜらぶる~。昨年の経験からUSAのレミは相性が悪い気がしてどうしようかと悩んでいたのですが評判のいいアルフィー・ボーさんが出演しているなら観てみるか、とこれまた間際でしたがチケットを押えました。し、し、しかし、、、
劇場入ってすぐ左にキャスト表があり、一応確認と視線を向けた途端いきなり強烈なボディブローが。なんとお目当てのアルフィー・ボーが休演。。。あまりに唖然として交代のキャスト表だけ写真を撮ってたという(笑)。

b0148547_1503196.jpg


と言いますのは、チケットを購入する際HPにアルフィーさんは何日のソワレと何日のマチネとこの日からこの日、この日とこの日・・・は休みますよ、と事細かにアナウンスメントがあったのでした。それを避けたのにまさか出演予定日に休むなんて思ってなかったんですわー。がっくし。

ディスカウントの席だったのでサイドブロックでしたが前から4列目。視界は良好です。かなり暗然とした心持ちの中、幕が開きました。ところが、、、。ん?このヴァルジャン、いいんじゃね?お、なかなかいいよ。えっ?めちゃいいやん、ぶらぼー!。
ヴァルジャン役のWill Rayさんは良くも悪くもご本人の個性があまり感じられない方で、私のイメージのヴァルジャンそのもの。ちょっと粗忽なところもあるけれど天性の温かみがあり大きくて。アルフィーさんだともっと歌えるのかもしれないけれど、willさんも十分なレベル。変なクセもないし個性的だった去年のラミヴァルジャンより私好みでした。

キャストの中で抜群に目を引いたのはティナルディエのJoseph Spieldennerさん、本役が休みの間臨時で1週間くらいティナを演じられていたよう。見るからに気持ち悪くて人間の汚い部分が集まって形になったような感じ+コミカル。今までに観たことのないタイプのティナで、あまりに強烈&面白かったので初めて出番が待ち遠しく思ったほど。観客にも大ウケでした。いったいどんな人が演っているんだろう?年齢も素も想像つかずこの眼で確かめようと出待ちしてみますととととと、、、びっくり仰天、とんでもなく若くハンサムなナイスガイ でしたー。ようあんなに化けれるわ、いやー素晴らしい。

アール・カーペンターさんのジャベールは特に後半とてもよくて、来日コンサートで聞いたstarsとは大違い。ただ上手いのですがどことなく佇まいに「余裕」があって自殺するタイプに見えなかったわ、細かいこと言うてなんですけど。コゼットのAlex Finkeさんは去年の人より品がありました。その他のキャストの方々は大味に見えたかな。
全体的には昨年個性と個性がぶつかり合って歌合戦のように見えたカンパニーも、今回キャストががらりと変わって没個性な分纏まりよく感じました。総スタオベでしたよ。たぶん私はレミには歌が上手いとか迫力があるとかより、どれだけ細やかに感情を表現してくれるかを重視しているようでそういった意味ではやはり日本のカンパニーの方がしっくりくるなとは思いました。USAキャストはみるからに生命力に溢れていて、そこが私の感情移入を妨げているような気もします。開演前に「上演中は話をしてはいけません」とアッシャーからわざわざ注意がありw観客のマナーは昨年に比べ格段によかった。

b0148547_1504477.jpg


ステージドアに同年代か少し上かなと思われる日本人のご夫婦がいらしたのですが、奥さまがアルフィー・ボーさんの大ファンだそうで楽しみに渡米してきたのに今日はショックで、、と。気の毒なほど落ち込んでいらっしゃったので、思わず「残念でしたよね・・・でも今日のヴァルジャンも素晴らしかったですよ」と慰めにもならない言葉をかけてしまいました。心からそう思ったんだもの。そうしたら後ろに立ってらした優しそうなご主人様が大きく頷き「私もそう思いました」と。実はこのご夫婦はちょうど私の前の列に座ってらして、ラストシーンでご主人様が涙を拭っておられた姿を後ろから見ていたのでした。
体調が悪くて休演するのは仕方がないことなんだろうけれど、契約で認められているんだろうけれど、クラシック畑の人には付き物なんだろうけど、元々お休みをもらってるんだからさぁ、、。同じ時間に「ジェントルマンズガイド」を観た姪から今日もジェファーソン・メイズさんが豪快に唾を飛ばし抱腹絶倒の演技を見せていたという話を聞くと、安くないチケットを買い、万障繰り合わせやってきた(たった1回のチャンスかもしれない)お客の為に、体調を整えて最高の演技をみせてこそプロなんじゃないの?と思ってしまいました。昭和気質ですかね?いつかあの奥さまにアルフィーさんの生舞台を観るチャンスが訪れますように。


Cast:
Will Ray
Earl Carpenter
Montego Glover
Brennyn Lark
Chris McCarrell
Alex Finke
Joseph Spieldenner
Rachel Izen
Wallace Smith

Production Credits:
Laurence Connor and James Powell (Direction)
Matt Kinley (Scenic Design)
Andreane Neofitou (Costume Design)
Christine Rowlands (Additional Costumes)
Paule Constable (Lighting Design)
Mick Potter (Sound Design)
Fifty-Nine Productions (Projection Design)
Christopher Jahnke (New Orchestration)
Stephen Metcalfe and Stephen Brooker (Additional Orchestrations)
Lyrics by: Herbert Kretzmer
Music by: Claude-Michel Schonberg
Book by Alain Boublil, and Claude-Michel Schonberg
[PR]

by konekohaku | 2015-10-15 23:10 | NY  

Fun Home


今年のトニー作品賞を受賞した「FUN HOME」を観ました。葬儀屋(funeral home)を家業とする家庭に育ったカトゥーニストであるアリソン・ベクダル。彼女の自叙伝的作品「ファン・ホーム ~ある家族の喜悲劇~」が原作の新作ミュージカルです。
b0148547_2133767.jpg




「自分の人生の始まりが父の人生の終わりになるなんて」
作中では現在のアリソンが父親との日々や自分の成長を回想。思い出すままに少女時代、学生時代のアリソンが交差します。時には3人が同時に舞台に存在、時系列もバラバラです。ゲイであることをひた隠しにしていた父親。一方父の秘密を知らなかったアリソンは幼少期から女の子らしくあることに違和感を覚え、成長とともに同性に興味を持つ自分に気付きはじめます。ついにレズビアンであることを両親に告白、その後まもなく父親は自ら命を絶ってしまいます。隠れゲイだった父親の死は、自分がレズビアンであることを「オープン」にしたことと関係しているのではないか?事故だった可能性も残されていますがアリソンは自殺と確信、苦悩します。


b0148547_2124021.jpg
                          Broadway.comから



「ダディこっちに来て、今すぐ。パパが必要なの。ねぇ話を聞いてよ。飛行機ごっこをしたいの。」
1時間45分(休憩なし)の上演の間に3人のアリソンから発せられる夥しい数のDaddy, Dadという言葉。この作品はアリソンの父親への思慕の情に溢れています。結びらしい結びはなく、これから先の人生へ羽ばたいていくために、父親との思い出や家族と過ごしたこれまでの半生を正直に丁寧に冷静になぞるアリソンの姿が描かれているだけ。決して暗い作品でもお涙頂戴でもなく、ユーモアを交えながら誠実に作られているという印象です。ちなみにトニー賞でのパフォーマンス、小アリソンの「Ring of Keys」はずいぶんと後半で歌われます。一通りアリソンのこれまでのセクシャルマイノリティな人生見てきた後ではじめて私たちは彼女の出発点を目撃するわけです。ある日突然、意図したわけでもなくごく自然にある女性に目をとめる幼いアリソン。これは大変意味深い。
円形劇場のぐるりと客席に囲まれた舞台の上にあるのはピアノ、ソファ、机程度。セリがあり棺やゲイユニオンのドアなどが出現します。背景がないのでライトニングには工夫が凝らされていました。舞台の端には小さなバンドが控えていて音楽は生演奏。シンプルであるが故に脚本や極上のパフォーマーによる演技の質の高さ、そして何より、誰も侵害してはならぬ人生の「尊さ」が浮かびあがります。これほど深く心に染み入りひっそり涙した作品はないかも。この春観たGypsyに続き、愛おしくてずっと大切に抱きしめていたい、そんな作品に出会えました。






Cast:
Michael Cerveris
Judy Kuhn
Beth Malone
Sydney Lucas
Emily Skeggs
Roberta Colindrez
Zell Steele Morrow
Joel Perez
Oscar Williams

Production Credits:
Sam Gold (Direction)
Danny Mefford (Choreography)
David Zinn (Set and Costume Design)
Ben Stanton (Lighting Design)
Kai Harada (Sound Design)
Chris Fenwick (Music Direction)
Lyrics by: Lisa Kron
Music by: Jeanine Tesori
Book by Lisa Kron
[PR]

by konekohaku | 2015-10-13 20:01 | NY  

An American in Paris


初日のソワレは「An American in Paris」を観ました。
b0148547_812155.jpg


映画「巴里のアメリカ人」が大好なので絶対に観たかった作品。大変美しい舞台でした。いろいろと思うところがあったので3つの点から振り返ってみます。

1、映像
舞台で使われるデジタル映像にはたいてい辟易する私ですが、今回のプロジェクションマッピングは一味も二味も違いました。主人公ジェリーは画家という設定、映画でも絵の中に入り込んで踊る有名なシーンがありますが、今回はそれをさらに進化させ映し出される背景はジェリーの描いた風景画とおぼしきもので、まるで彼のスケッチブックの中身を眺めているよう。第二次世界大戦後のパリを思わせる手書きのノスタルジックな風景が素敵な恋物語に非常に合っていました。ジェリーが池に落ちるシーンなどうっとりで、そのアイディアに唸りましたよ。

2、パフォーマー
主役はアメリカン・バレエ・シアターのロバート・フェアチャイルドと英ロイヤル・バレエ団のリアン・コープ。ダンサー陣は脇まで有名バレエ団からの起用だそうです。ロバートさんは普通に演技しているときは若干存在が薄く感じられることもあったのですが踊りだすと別人のように雄弁に。いい声ってわけではないですが歌も歌えます。コープさんはとにかく優美~。トニー賞パフォーマンス冒頭でも踊ったあのシーンは圧巻でした。会場中を虜にしたと思います。
難を言えば、バレエダンサーは人間離れした美しさで踊るのでバレエの世界ではそれが芸術性に繋がるものも、ミュージカルとなるとどうなんかな?という疑問が。ジーン・ケリーの踊りはセオリーに則ったバレエとは対極の、独学か?と思ってしまうほどの個性で、すごくチャーミングかつ人間臭く、役柄の画家として未熟な点もずっと片思いだったヘタレ時代もラストシーン直前のショボーンにも説得力がありました。一方お二人の踊りは素晴らしくて十分に見応えあったのですが、演技力が同様に際立っている訳ではないので、動きがきれいだなぁ、上手いなぁで終わってしまい映画に接した時ような胸アツにはなれませんでした。ストーリーが少し変わっていたことも影響しているかも。

3、音楽
出演者たちがいい意味で美のベールで隠れていたので、その分楽曲の素晴らしさが浮き上がり、この作品の真の主役はガーシュインだったんだ、と今更ながらに気付かされました。当然ですね、「巴里のアメリカ人」の楽曲が初めにあって、そこから映画を作ったのですから。NYブルックリン出身の作曲家ということもあってか、観客がガーシュインの楽曲に特別な親しみを感じていることも中にいて伝わってきました。"S Wonderful"の曲が流れた始めたときは拍手が起こりましたよ。

b0148547_816314.jpg

総合点では完成度の高い作品だと思います。まっさらな気持ちで観ていたらもっと違って見えたかもしれないな。それがなかなかできないんだけど。


トニー賞のパフォーマンス


Cast:
Robert Fairchild
Leanne Cope
Veanne Cox
Jill Paice
Brandon Uranowitz
Max von Essen

Production Credits:
Christopher Wheeldon (Direction and Choreography)
Bob Crowley (Set and Costume Design)
Natasha Katz (Lighting Design)
Jon Weston (Sound Design)
59 Productions (Projections)
Rob Fisher (Musical Score Adaptation, Arrangement and Supervision) Christopher Austin (Orchestrations)
Sam Davis (Dance Arrangements)
Todd Ellison (Musical Supervision)
Don Sebesky and Bill Elliott (Additional Orchestrations)
Lyrics by: Ira Gershwin
Music by: George Gershwin
Book by Craig Lucas
[PR]

by konekohaku | 2015-10-11 13:31 | NY  

Something Rotten!


b0148547_0231878.jpg


Bwayのマチネ公演は14:00に始まるものが多く11:00頃の到着便だと結構ぎりぎり。ジョン・F・ケネディ空港からミッドタウンまではタクシーでも電車でも1時間くらいですが税関が大混雑していたり予期せぬトラブルがあったりするとアウトです。そう、昨年は同行者に想定外のトラブルが起き劇場に入れたのはなななんと16:00頃> <。

今回も何が起きるかわからない&どうしても観たいものは他の日に押えてしまった、で初日のマチネの時間帯はホテルで寝てよっかなと思っていたのですが、離日直前にいやいや、やっぱりそれはせっかくなのに勿体ないから何か観よう、消去法でSomething Rotten!にでもするか、と慌ててチケを手配しました。「予定通り」ぎりぎりでしたが時間前に劇場に入り観劇、しかし作品は「想定外」に面白かった!!!

16世紀のロンドン。劇作家である主人公の兄弟はシェイクスピアをこえる何かを作りたいと悶々としている、そんな時ノストラダムスから未来の世界では役者がセリフに音楽を付随させ演じるという予言を聞き「オムレット」という世界初のミュージカルを完成させるに至る、そしてシェイクスピアはその台本がほしくてたまらない!(後にハムレットを書くわけですね)という、まあね、どこか既視感のあるコメディで話の筋は正直たいしたことありませんー。

では何がそんなに気にいったかと言いますと、一言でいうと役者が巧い!特にオジサンたち(いや、ひょっとしたら私より年下の人もいるかもかも)。こんな不真面目でおちゃらけた話をいぶし銀の匠たちが実に真摯に演じていて、見事に客席から笑いを取っているんですわ。弾丸のように交わされるセリフ、超がつくほど絶妙な間、歌に踊りも(タップもね)。それがノリでやっているようですべて完璧に計算され、稽古を重ねた上で成り立っているという確かさが伝わってくる。歌だけ、とか演技だけ、とか踊りだけとか、もしくはその内の2つくらいなら特化している人はたくさんいるけれど、全てをあのレベルで仕上げてくる人たちって少ないですしね。まぁー器用。名人芸を堪能させてもらいました。

b0148547_0234782.jpg

それにBWではお決まりのようになってきているけどパロディがやっぱり面白い。もうええって、っていうほど出てきます。声をあげて笑っちゃったよ。しかし難をいえばどうしても二番煎じに見えちゃうので良く出来た作品なのに賞を逃したのはそれかな、と。売れっ子Casey Nicholawの振付も全く飽きさせることなく迫ってきて、キレッキレのダンスシーンに見入ってしまいました。ホテルで寝てなくてよかったわー。

Cast:
Brian d'Arcy James
John Cariani
Christian Borle
Heidi Blickenstaff
Brad Oscar
Kate Reinders
Brooks Ashmanskas
Peter Bartlett
Gerry Vichi
Michael James Scott

Production Credits:
Casey Nicholaw (Direction and Choreography)
Scott Pask (Scenic Design)
Gregg Barnes (Costume Design)
Natasha Katz (Lighting Design)
Peter Hylenski (Sound Design)
Phil Reno (Music Direction/Conductor)
Glen Kelly (Musical Arrangements)
Larry Hochman (Orchestrations)
Lyrics by: Wayne Kirkpatrick and Karey Kirkpatrick
Music by: Wayne Kirkpatrick and Karey Kirkpatrick
Book by Karey Kirkpatrick and John O'Farrell
[PR]

by konekohaku | 2015-10-10 09:32 | NY  

2015秋 NY


シルバーウィークは姪とNYへ行きました。

私も姪も9月末に行くのは初めて。オータムインニューヨークだぁ~、きっとこんなん↓
b0148547_22232632.jpg

だよ。楽しみーーーー!
と大盛り上がりだったのに到着してみれば


こんなん↓でした。
b0148547_22251161.jpg
しかも蒸し暑いし。(日中は30℃くらい)昨年11月末はすでに真冬だったよ?ってことは10月に行かなあかんの?難しいなぁ。


今回劇場が休みの夜に初めてブルックリンのダンボ地区からの夜景を見に行きました。あんまり上手に撮れてないけど相変わらずのiphoneなので許してつかあさい。
b0148547_22164450.jpg


ということで紅葉を愛でることはできませんでしたが恒例の劇場詣ではばっちり、ぼちぼち感想を書いていきます。しかしフィレンツェは〇国人観光客でごった返していたのにNYでは全然見かけなかった。人気ないんかしら?
[PR]

by konekohaku | 2015-10-08 22:37 | NY  

Cabaret


@The Kit Kat Klub at Studio 54


ネットで1998年プロダクションの同作品を通して観てしまったので
どうしようかなーと迷ったのだけれど
やはり生を体験しようとチケット確保。
一人だったので2階の貧乏席(アラン・カミングがそういうんだもん)にしたが
ちゃんと椅子の横に1階テーブル席と同じランプが設えてあって
問題なく一体感を感じることができた。
客席も作品の一部であるこの舞台、足を運んでよかったと思う。
観客の盛り上がり方も半端なかった。

サリー役には直前にリプレイスされたエマ・ストーンが。
彼女は冷たさと愛嬌が同居した不思議な魅力を持つ女優さんで、媚びない色気がとてもよい。
ソロの後、ショーストップが起きるほど観客にも受け入れられていた。
アラン・カミングの妖艶さは言うまでもなく。
宿屋の女主人が悪くはないけどちょっと弱いかな~と思ったらアンダーだった。

見せかけの殷賑に隠された切なさが心に突き刺さる作品。
やっぱり好きだ~。

b0148547_13421989.jpg



b0148547_13423020.jpg



b0148547_13465292.jpg
僕のサインほしい人他にいる?とぼそっと聞いたのち(出待ちの人はほとんどエマ・ストーン目当てだった)お疲れだったのかスタッフに抱えられるように去っていったアラン(黄色い帽子)
[PR]

by konekohaku | 2014-12-30 20:23 | NY  

The River


@Circle in the Square Theatre

WEで話題になった作品。
ヒュー・ジャックマンが出演するというのでミーハー心でチョイス。

会場に入るといきなりアッシャーから
「トイレで一度会場を出たらもう入れないから気をつけてね。」
開演前には舞台に係りの人が上がって
「携帯を切ったか確認してください、
ダブルチェックしてください、トリプルチェックしてください。」

川のせせらぎ以外は何も存在しない異空間へと観客を誘うために徹底した態勢がとられていた。


それもそのはず、それから約1時間20分の間、
私たちは猥雑な日常からはかけ離れた精神世界に
身を置くことになったのだった。

現実なのか主人公の幻想なのか、
まるですべてが行間の中に存在するような
セリフを追うだけでは理解することのできない世界がそこにあった。

明らかなのは主人公が耐え難い孤独の中にいるということ。

こういう傾向の作品はつまらなく感じる人もいるだろうが
私は好き。
小説の中にどっぷりと浸かったような満足感、
直前に観たオペラ座の怪人が陳腐に感じるほどだった。

ヒュー・ジャックマンはタフガイのイメージのまま自然体で演技、
淡々とした時間の流れが余計に寂しさをつのらせとてもよかったと思う。


b0148547_12312046.jpg



b0148547_12335810.jpg
               
[PR]

by konekohaku | 2014-12-30 20:10 | NY  

The Phantom of The Opera


@Majestic Theatre

ノーム・ルイスさんによるBW初の黒人ファントムを観たくて
久々にマジェスティック劇場へ。

生ではないけれどDVDやCDで彼の演ずるジャベール(「レ・ミゼラブル」)、
ポーギー(「ポーギーとベス」)に触れ、
なんて素晴らしいパフォーマーなのだろうと楽しみに観劇したのだが、、、

これまで観たBWファントム(パナロ、ハワードさん、マウワー、カディア)、
それぞれもちろん個性は違うのだけれど、彼らの中に私は共通したものを感じていた。
身体は細く見るからに神経質、プライドが高くて自分勝手で、
その根底には社会や母親からも拒絶されたことによる
深い孤独と孤立感を抱えている。

ノーム怪人は外見的にも声にも包容力と温かみがあり
私がこれまで勝手に作り上げてきたファントム像とは少し異質のもののように感じてしまった。

どこかお茶目。で、なんだか陽気(笑)

最愛の父親を亡くしどうしようもない喪失感の中にいるクリスティーヌが
彼にかけた「You are not alone」という言葉、
孤独を理解している者からのその一言で
一気に崩れ落ちるあのシーンに、
今回どうも説得力を感じなかった。

これはあくまで私の問題。
ノームさんは他の作品で観たいなと思った。

他の出演者はクリスティーヌもラウルもマダムジリーも素晴らしくて
さすがBWクオリティ。
会場は心配なほどガラガラだったけれど、
ホリディシーズンに入って盛り返している様子。ほっ。


b0148547_11491752.jpg




b0148547_11494880.jpg

[PR]

by konekohaku | 2014-12-30 19:56 | NY  

A Gentleman's Guide to Love and Murder


@Walter Kerr Theatre

今年度のトニー賞受賞作品とあって小振りながら非常によく出来た作品だと思った。
脚本がとことん面白くて最後の最後まで大笑い。
ステージの上には丁度マリオネットを上演するときのような
赤い緞帳付きの手作り感満載の舞台が設えられているが
奥には最新のスクリーンがあり、アナログとデジタルがいい塩梅で共存していた。

キャストたちの素晴らしさといったら!
主役のジェファーソン・メイズさんは8役を演じ分けるのだが、その器用さと巧さに思わず笑ってしまう。
さすがに5役くらいから鼻につきはじめたけど(笑)。
地味ながらも安定の上質パフォーマンスを見せてくれた
ブライス・ピンクハムさんにも惚れ惚れ~。


b0148547_10541423.jpg

[PR]

by konekohaku | 2014-12-30 19:43 | NY