カテゴリ:韓国( 1 )

 

韓国旅行 2014.7



いつかは訪れてみたいと思っていたお隣の国、韓国。
先日初めて観劇目当てに旅をした。


b0148547_15243240.jpg




聞きしに勝る高い完成度の韓国ミュージカル。
豊かな表現の上に圧倒的な声量が合わさり(マイクの音量も大きいような気がした)パワフルなことこの上ない。

どこの会場も客層が日本と異なり若い世代が多い。当然熱気も違う。
町には映画のポスターではなくミュージカル作品の広告が溢れ
この国にミュージカルが文化として根付いていることをひしひしと感じた。
ファンの端くれとしては羨ましい限りだ。

観劇に際しては言葉が理解できないところがツラかった。
客席とのやりとりがあるものよりは舞台上で完結している作品の方が予習さえすれば問題なく楽しめるように思ったので今後はその点に留意して作品を選択しようと思う。


2泊3日の滞在で観たのは次の3本。
自分メモ用に感想を手短に。




【モーツァルト!】

b0148547_1525897.jpg


モーツァルト: パク・ヒョシン
コンスタンツェ:キム・ソヒャン
レオポルト・モーツァルト:パク・チョルホ
コロレド大司教:キム・スヨン
ヴァルトシュテッテン男爵夫人:シン・ヨンスク
マリア・アンナ・モーツァルト:イム・ガンヒ
@世宗文化会館

モーツァルト、その父、男爵夫人の素晴らしいことったら。艶やかな声に確かな歌唱力。鳥肌モノだった。
日本で観たときはそう心動かされることのなかった作品だったが(だからほとんど記憶に残っておらず)今回初めてなかなかいい作品だったんだなと思えた。
ただ才能=アマデの存在があるのだからやはりあの「箱」は要らんのでは?
あれが嘘っぽいからこの作品があまり好きになれなかったことを思い出した。
新演出だったが舞台美術もシック&シンプルで、今流行りの映像の使用もなく好印象。
このキャストならもう一回観たいほどに感動。



【プリシラ】

b0148547_15253186.jpg


キャスト
バーナデッド:チョ・ソンハ
ティック:マイケル・リー
アダム:キム・ホヨン
@LGアートセンター


韓国初演。キャストの皆さん、歌えるし芸(ゲイ?)達者。
バーナデッド役のチョ・ソンハさんは映画やテレビで大人気の方だそう。彼、とってもよかった。
3人の女性コーラスの人たちの歌もど迫力で聞き応えあり。演出はBW版と同じとのこと。
これでもかというほど奇抜な衣装が登場し、私世代にお馴染みの歌も次々と流れノリノリで楽しい。しかしエラそうな物言いながら演出にはまだまだ改善の余地がありそう。



【ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ】

b0148547_15164743.jpg


b0148547_18195521.jpg


キャスト
ヘドウィグ:キム・ダヒョン
イツハク:チョン・ヘソン
@ベガムアートホール

b0148547_16321849.jpg



オリジナル演出を体験できるとあって楽しみにしていた作品。
客席は若い子ばかりで中年は私たちと少女に付き添っている母親らしき人くらい。
それもそのはず、オリジナル版は舞台と客席との精神的敷居はもはや存在せず、ヘドウィグは極端に身近に感じられ(客席降りも多い)、彼の痛みや叫びに一体となって共感するさながらロックコンサートのようだった。
極端な言い方をすれば一緒に盛り上がりたい人が観るべき作品のような印象さえ受けた。
国が違うので比べるのもどうかと思うが、この春観たオン・ブロードウェイでの新演出はオリジナルの持つ閉鎖的イメージや尖った部分は緩和され、一般ウケするように作りかえられていた。オリジナルのコアなファンは消化不良を起こしていたかもしれないと今更ながらに思う。

ヘドウィグ役のキム・ダヒョンさんはハンサムで女装姿が美しいこと半端ない。
歌も演技も上手くその上パワフル。
彼は1ステージでいったいどれほどのエネルギーを消耗するのだろう。
ただオリジナルヘド(ジョン・キャメロン・ミッチェル)のような繊細さや異質感には欠けていたように感じた。

イツハク役のチョン・ヘソンさんの歌も凄かった。
彼女は薄い付け髭をしていたもののメイクも髪型も女性に見えたので、男性しか愛せないヘドウィグの気を惹くために男装&男として振る舞う→ヘドには別の、意中の人が存在し自分へは愛情が向けられないことに苛立ちを覚える→(ヘドウィグの再生)→無理していた自分(とヘドウィグ)からの解放→本来の女性の姿へという流れに見えた。
作品の本質からいって「一人の完成した人間」であることに気付くことが重要であるのだからイツハクの性別はどっちでもいいということなのかもしれない。
[PR]

by konekohaku | 2014-07-22 20:03 | 韓国