<   2009年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

アイーダ




大阪梅田芸術劇場で上演されているアイーダ を観にいきました
(あらすじはHPをご参照願います)


主役は宝塚退団後初の舞台出演となる安蘭けいさん
もちろん女優としての出演です

宝塚は地理的にとても近くてごくごく身近な所なのですが
歌劇を観に行くことはほとんどなく
今どんな人がいて誰がトップであるか
ほとんど知りません
安蘭けいさんも退団の際彼女をとりあげた番組を見て初めて知った次第

おそらく男役の時はそれはそれはカッコよかったのでしょう
カーテンコール時の颯爽と歩く姿を見ていると
かつての大劇場での彼女の雄姿が目に浮かぶようでした
しかしながら
今回の舞台ではエジプトの捕虜という役柄で
いつも地味な衣装を身にまとっていたせいか
アイーダ役の安蘭けいさんには
正直、華を感じられませんでした
歌も声はきれいでいらっしゃるのですが
脇の方たちが上手かったので
無難にこなされたといった印象に留まったでしょうか


・・・・というより
横にピチピチ、ピカピカ美形オーラを出している人がいて

おばさん、そっちに目がいっちゃってたのです^^;



   ↓




ラダメス役の伊礼彼方さんです
b0148547_744537.jpg

                     (公式HPより)



ね?アイドルみたいにかわいいでしょ?
これくらいかわいいと
歌が下手だったりするのが世の常なのですが
そこそこ聞けるんですよー
もちろん本格的に声楽を習った方たちには及びませんけど

スタイルが!恐ろしく均整とれてるんです
上半身裸で腰布だけ巻いて出てくる場面が多いのですが
ギリシャ彫刻を見ているかのようにおきれいでしたー

東宝の「エリザベート」でルドルフをされてた方なんですね
ハーフでモデル出身、どうりで素敵な訳です

第2幕も役的にラダメスにスポットがあたることが多く
「アイーダ」やめて「ラダメス」って題にしたらええのに
なんて思いながら観劇

第1幕はちょっと眠くなりかけたのですが
後半はダンサーのパフォーマンスなどもあって
まずまず楽しめました

舞台が暗転してカーテンコールへ

てっきり会場中の女性が
伊礼さんに心奪われているかと思いきや
あっちからもこっちからも
「とうこさ~~ん」(安蘭けいさんの愛称)コールが

安蘭さんが観客に向かって投げキッスしたときは
会場中が「ぎゃ~~~~!!!」

・・・私と友人、四面楚歌状態^^;

やっぱり安蘭さん目当てで皆さん会場に足を運ばれてるんですねー

若い伊礼さんのおかげですっかりおばさんモードな私と友人でしたが
(友人はびっくりするくらいの上品な美人奥様でおばさんのイメージとは
程遠い方です、念のため^^)
最後にとうこさんファンの熱気を肌で感じ
これだけのファンがいるんだから頑張れーっと
素直に彼女の前途を応援したくなる心持ちで会場を後にしたのでした


b0148547_7442591.jpg
         お母さん、ここにも若いピチピチの男性がいることを忘れないでよ


           はいはーい^^



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村 ←いつもクリックありがとうございます  
[PR]

by konekohaku | 2009-09-30 08:05 | movie・theater  

まだやっています、お掃除強化週間  ~その4




b0148547_21403513.jpg

ぐゎっははは~~
笑いがとまらねー
お母さん、きっと僕に何か買ってくれるぞ~




b0148547_21405251.jpg

でも5%って言ってたな
・・・ってことは定価は





b0148547_2141744.jpg

う~んいくらになるんだろう?






b0148547_21475425.jpg

あ、買ってくれないかも





今日はちょっとせこい話^^;


昨日の朝、本とゲームソフトを古本市場へ売りに行った

私がカウンターへ行く直前に
別の人が大量に本を持ち込んだので

あ~査定するのにずいぶん時間がかかるな~
どうせたいした金額にならないだろうから
「お金はいらないので置いて帰ります」
とでも言おうかな~

なんて一瞬考えたのだが
せっかくここまで来たのだから
ちょっと我慢して待つことに

20分ほどして札番号が呼ばれる
1000円いくだろうか?と考えていると
「合計で6145円になります、お売りになられますか」と店員さん
えええっ~!!6145円?売ります売ります、売りますとも!
予想外にいい値がついた


ルンルン気分で帰宅


お昼を済ませ再び本の整理を

我が家には
重度の活字中毒患者がいて
あっちの部屋にもこっちの部屋にも
本が山積みになっている

先日のCD と同じで本もなかなか処分する気になれない
だけど放置すると増える一方なのだ
思い切って本箱の中でかなりの場所を取っていた
世界遺産の写真集を処分することに

これは売れるんだろうか?
その時頭の中で
「本を売るならブックオフ~」というCMのフレーズが流れたので
朝とは別の店になるが
近くのブックオフに電話して尋ねてみた

「写真集はいくらぐらいで引き取っていただけますか?」

「そうですね~状態を見ないとなんともいえませんが
1冊10円から最高で定価の5%ですね~」

13冊ある写真集、1冊10円だと130円かぁ~

130円の為にこの重い写真集を運ぶのはなんだかなぁと
気乗りしなかったけれど
朝、味をしめてしまったので
少しの金額でもいいや、と
再び別のゲームソフトや伊坂幸太郎の本もつけて
今度はブックオフへ売りに行った

結果
見事写真集を最高値の5%で引き取ってくれて3660円、
他のものと合わせて8200円を手にすることができた!



捨てようと思った品が
今日だけで14345円に

ハクじゃないけど
思わず顔がにやけてしまう
お掃除するのも悪くないな♪



でも元値を考えると


やっぱり


もったいなっ!



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村 ←いつもクリックありがとうございます  
[PR]

by konekohaku | 2009-09-27 23:39 | 生活  

お掃除強化週間 ~その3


b0148547_21351722.jpg

あんまり進んでないよ
もともと掃除好きじゃないから続かないんだ
こうなることはわかっていたけど




b0148547_21311034.jpg

完全にペースダウンだよ







お掃除ちょっと停滞気味です


先日完了したミニキッチン


2階のミニキッチンは
私の家事室&作業室も兼ねている

昔習っていた
トールペイントの材料を整理&処分
作品も飾ることがないので洋室のクローゼットへ


b0148547_21313674.jpg



他にこの部屋の隅には
普段あまり聴くことのないCDが
ボックスに大量保存してあり
処分しようと手に取ってみたが
これがどうしてもできない

ふっと聴きたくなるような気がするからだ

好きな人にはわかってもらえると思うけど
クラシックファンは1つの曲に対して何枚ものCDを買う

異なった指揮者、オケ、ソリストのCDを
聴き比べしたくなるのだ

だから所有枚数が某大な数になる

結局ソフトに関しては処分するのをあきらめ
そのままにしておくことにした

流し台はあまり使っていないので
さっと拭くだけに
流し台下のお鍋類と花瓶類も
場所に余裕があるのでそのまま収納

これにてミニキッチンのお片付け終了

結局あんまり変化なし(汗)




私は聴き比べが特に好きなのかもしれない
「オペラ座の怪人」は数えてみたら
英語、日本語、ドイツ語、スペイン語・・・と9種類もあった
9人のファントム、どれもなかなかの歌唱力で特徴があって面白い

b0148547_21322516.jpg





にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村 ←いつもクリックありがとうございます  
[PR]

by konekohaku | 2009-09-25 22:29 | 生活  

お掃除強化週間 ~その2


b0148547_6581886.jpg

せっせせっせとお片付け
& ときどきハクとほっこり


前回
引き続きお掃除の進捗状況を


この2日間で掃除した箇所は

1階洗面所
2階ミニキッチン


もっと進むはずだったのに
スピードが鈍化

いい加減疲れてきた><


洗面所 

さっと済ませようと思っていたのに
よく見たら(←いつも見てないんかいっ!)
壁もドアも結構汚れていて
あっちを拭き拭き
こっちを拭き拭き

洗面台の上下の収納スペースには
試供品や贈答で頂いた
洗剤や化粧品や石鹸が
またもや脈絡もなく突っ込まれていて
絶対に使わない
と確信できるものは
思い切って処分することに

鏡の後ろの収納スペースも
静電気で薄汚れていたところをきれいに拭き
いらないものを整理

こうなると
普段気にならない(←気にしなはれ!)
洗濯機の中まで気になりだし
糸くずネットを新しいものに取り替え
拭けるところは
濡れティッシュで汚れを拭きとり、ポイ

窓のブラインドもよく見ると
埃だらけ

あ~どうして普段からもっとマメに
お掃除できないんだ~っと
どうしようもなく怠惰な自分に憤りを感じながら
家族の助けを得ながらなんとか終了

気がつけば
狭い洗面スペースに
丸一日かかってしまった


ミニキッチンについてはまた後日
      

b0148547_6594378.jpg

こんなにやってるけどね


b0148547_6595826.jpg

遊びにきたおばあちゃんには
「全然片付いてないやん」ってつっこまれるし

お父さんはどうせまたすぐ元の状態になるよって
笑ってるし



b0148547_701361.jpg

努力の割には周りに認めてもらえてないように
僕には見えるんだよな~





にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村 ←いつもクリックありがとうございます  
[PR]

by konekohaku | 2009-09-24 08:18 | 生活  

お掃除強化週間



このシルバーウィークは我が家のお掃除強化週間なり
今日は2階の和室に敷いていたイ草の敷物を新しいものに取り替えた

古い敷物を取り除くとまだ少し青さの残る
しっかりと目の詰まった畳が現れた




b0148547_20593546.jpg





やっぱり畳はいいな~と思う

前に住んでいたマンションも
2部屋を和室にしてもらった
リビングに応接セットを置いてはいたけれど
ソファーの上じゃくつろげない

固い畳の上で
大の字になって
寝っ転がるのがこの上なく気持ちいいのだ

イ草は空気の浄化作用や湿度調節作用があり
身体にいいそうである

農薬がかかってるだろうに本当に身体にいいの?
ってちょっと思うけど

なるほどイ草の香はなんとも言えず心地いい

冬になったら炬燵を出して

のだめみたいに
ぐーたらしよう


b0148547_2154268.jpg

ぐーたら仲間のハクさん 
網戸越しに眼下の一階部分の屋根を見つめている
さては破って降りようとでも思ったか?





前歴ありだもんね↓
b0148547_21564538.jpg


この日以来窓にはネットフェンスを
もちろん、2階の和室の窓にも




イ草マットを取り替えた後は
冷蔵庫の掃除をした

外せる棚はすべて外し
賞味期限切れの瓶ものや
古くなった冷凍食品をすべて処分した

棚を洗いながら
どうしてもっとマメにお掃除できないかと
自分に自身に問いかけてみる

なぜしない?
どうして目を背ける?
自分は家事を預かる主婦ではなかったのか?
私を産んでくれた母親はきれい好きなのに
DNAとは恐ろしい(父親似なのだ)

そんなとりとめのないことを考えながらやっていると
あれよあれよと作業は進んだ

ゴミ収集車の音を聞きつけ
慌ててゴミを出してから

今度は
廊下にある収納庫を整理する

2メートルくらいある収納庫を開けると
ぎっしりと物が詰まっている
というか押し込んである

手前にあるものしか使っていないのだ
後方にあるものは私にとってないのと同じなのだ
だから後方にあるものは捨てたって困らないのだ

なんて思いながら
次々に引っ張り出し
すぐ必要なもの、保存しておくもの、要らないものと分けていく

一番スペースを取っていたのが紙袋
こんなに使えるわけはないのに
どうしてこうなるまで溜めてしまうのだろう

思い切って3分の1くらいに

あーすっきり

というところで本日のお掃除終了

掃除をするたび
もう買わない
といつも心に誓う

だって捨てるのはもったいないから


明日は二階の納戸部屋を整理しよう


私がお掃除している間ハクさんは
b0148547_21501891.jpg

食器棚の上で爆睡していた
そんな高いところで恐くないの?



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村 ←いつもクリックありがとうございます  
[PR]

by konekohaku | 2009-09-21 22:22 | 生活  

記憶



b0148547_1717569.jpg


僕の記憶力を馬鹿にしちゃいけないよ






b0148547_1718949.jpg


お母さんは

  ハクはついさっき起こったことも覚えていない

なんて思っているけど



b0148547_17182365.jpg


お母さんが昨日の夜つまみ食いしてたのも
チューハイ飲みながらお料理してたのも
ここから見て覚えてるさ




b0148547_17183592.jpg


まあ、数々の愚行を
僕が全部記憶していることを知らない方が
お母さんは幸せかもしれないけどね








ハクが5ケ月ぶりに会った人のことを覚えていました

MR.Pさんは心優しい猫好きの青年
以前ハクはこの青年にオモチャでいっぱい遊んでもらいました

このところ、来客があると
その方が帰るまで何時間でも
隠れてしまって姿を見せず

本当に猫を飼っているの?

と不思議がられるほどのハクさんですが

MR.Pさんが玄関に入ってくると
逃げるどころかすり寄っていったのです

覚えてるんだ!
もうびっくり
猫飼い初心者の私は
これほど猫の長期記憶が確かなものとはつゆ知らず
その光景を目にして
大発見をしたような気分になりました

常識ですって?
お恥ずかしい





ところで上の写真は
先日植木屋さんが庭の手入れに来られた時撮ったもの

外にただならぬ気配を感じたハクは
血相変えてキッチンの食器棚の上に駆け上がって行きました

こうやって人前から姿を消すのです



b0148547_2013131.jpg


人呼んで“まぼろしのハク”って言うんだぜ!



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村 ←いつもクリックありがとうございます  
[PR]

by konekohaku | 2009-09-19 20:22 |  

個展に鮨に堂島ロール


b0148547_21264870.jpg



大阪の国立国際美術館で催されている
やなぎみわさんの個展を観に行ってきました


従兄に国立の美術館で学芸員をやっていたものがいます
今は美大で教鞭をとっているのですが・・・

その従兄は一人っ子だったせいか
年下の私を妹のように可愛がってくれました
私が三文小説にはまっていると

   あほな〇〇の頭が余計にあほになる

と本屋さんに連れて行ってまともと思われる?本を選んでくれたり
一族の中でずば抜けて頭のよかった彼は
適当に済ませてしまう私をみて
勉強のやり方を指導してくれたりしていました

絵画にまつわる話もよく聞かせてくれましたし
美術本や画集、それにいらなくなった絵なんかを
譲ってくれたりもしました

で、その従兄は近代~現代美術が専攻で
関係する個展とかによく招いてくれていたんです

前置きが長くなりましたが
そういう訳で未だに私は現代アートを見るのが好きで

今回も併設のルーブル展は割愛して
やなぎみわさんだけ観てきました
時間の都合上^^

どうしても観たかったんですよ
ある作品にとっても心惹かれたから



どれにって?




これにです






b0148547_23223867.jpg



ね?いいでしょう?



やなぎみわさんは1967年生まれの現代美術家

すごくわかりました
作品を通して彼女の考えていることが

ある年齢になってくると
・・それは人によって多少前後するかと思いますが
  そしてやなぎさんがいつ意識しだしたかわかりませんが・・・
着実に自分の身に忍び寄りつつある
「老い」というものを
見過ごすわけにいかなくなる時がきます

10年前には考えたこともない
老いた自分、老婆になった自分が
なんとなく見えてくるんです

目や耳の機能もやがて衰え
大好きな音楽も
大好きな演劇や映画も
今のように鋭敏な神経をもって楽しめなくなることを

これから先想像もつかないような
悲しく辛い出来事に出会うことを

日々のふとした瞬間に
実感として感じだすんです

だけど過酷であろうが残酷であろうが
私たちは前を向いて生きていかねばならない

やなぎみわさんは
若い肉体と老いた肉体を視覚的に混在させ
または時に大仰なまでに老いさせた肉体を印象付け
その肉体からは解き放たれた
人間が意図すれば持ち続けることができるであろう
いつまでも変わらぬ精神力というものを
シチュエーションや
被写体の表情を通して
見事に表現されておりました

すごく独特な世界ですので
若年層、中年層、高齢層、など観る世代によって
また男性・女性の違いによっても
評価は分かれるかもしれないです

私はすごく面白いと思いました
詳細はコチラ



やなぎさんの作品を駆け足で観た後は


帝国ホテルの中にある
銀座 久兵衛さんで
思い出してもヨダレの出るおいしい江戸前鮨を板前さんににぎってもらい
(あぶった大トロが絶品!)

ヨドバシカメラ内の貴和製作所でビーズのパーツを物色し

今月リニューアルオープンした阪急梅田内の
モンシュシュでお土産にマロンロールを買いました


甘いものはやめておこうと思っていたのに
有名な堂島ロールはじめ、ほとんどの商品がsold outの中
マロンロールだけあと数本残っていると聞き
ついつい友人とともに「下さい!」の合唱

b0148547_23285957.jpg


中が生クリームのみの堂島ロールは
整理券を出して販売している模様


b0148547_23292824.jpg
                          おいしそうだな~

阪急の中にモンシュシュができてからは
本店の行列はずいぶん緩和されていると聞きました


b0148547_23294166.jpg
 
類似品があるけど
やっぱりここのはピカイチ!




にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村 ←いつもクリックありがとうございます  
[PR]

by konekohaku | 2009-09-17 00:34 | 生活  

クマガイ モリカズ


図書館で画家・ 熊谷守一さんの本を借りてきた

b0148547_1743132.jpg


熊谷守一さんは明治13年岐阜県生まれ
昭和52年に97歳で亡くなった

確か先々週のこと
「日曜美術館」をテレビで観ていて

熊谷さんが描かれた白猫や
熊谷さん自身の人となり・生き方を拝見して

  うわ~仙人みたい

ととても嬉しくなっちゃったのだ

だって見るからに仙人みたいなんだもの
b0148547_17433287.jpg


借りてきた本のうち一つは
熊谷さん自身が90を過ぎて自らの歴史を著された本
日本経済新聞に掲載されたものをまとめたものである

悟りを開いたおじいちゃんが語りかけてくれているような
穏やかな文体に不思議な感覚を味わう

他人に対することも
自分に関しても
嬉しいことも
悲しいことも
どこか客観的で
どこまでも静かなのだ

意外なことにご本人は「仙人みたい」と言われることに
とても困惑してらっしゃったようだ

社会通念や世間から離れたところで
生きておられるように見えるその姿は
ご本人にとっては
ごく当たり前で自然なことだったのだろう

たくさんの猫や虫を描かれている

多くの画家たちがそうであるように
歳を重ねられるごとに
余分なものが削ぎ落とされて
画を見ているだけで
熊谷さんの至った心境が見てとれそうな気がする



b0148547_17434914.jpg




  「人間というものは、かわいそうなものです。
   絵なんてものは、やっているときはけっこうむずかしいが、
   できあがったものは大概アホらしい。
   どんな価値があるのかと思います。
   しかし人は、その価値を信じようとする。
   あんなものを信じなければならぬとは、
   人間はかわいそうなものです。」


  「私はだから、誰があいてにしてくれなくとも、
   石ころ一つとでも十分暮らせます。
   石ころをじっとながめているだけで、何日も何年も暮らせます。
   監獄にはいって、いちばん楽々と生きていける人間は、
   広い世の中で、この私かもしれません。」



やっぱり仙人だ~


b0148547_18512692.jpg
                           これ、僕?


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村 ←いつもクリックありがとうございます  
[PR]

by konekohaku | 2009-09-14 18:54 |  

depression


b0148547_2035676.jpg



ハクが数か月ぶりにオーディオセットのアンプの上で横になっていた



b0148547_204880.jpg



電源を入れっぱなしのアンプは仄かに温かい
ああ、今年もまた寒い季節がやってくるのだと
ハクの姿を見て思い出す






b0148547_20194565.jpg



去年の
ハクが生まれて初めての冬を迎える頃
自由に行き来できるようにと
リビングの扉を作り直してもらった

既成の商品のサイズが合わず
とある建設会社に依頼し
職人さんを手配してもらったのだ

その建設会社は私の子どもの頃から
数十年来お世話になっているところで
震災で建て直した実家も
今私が住んでいるこの家も
その会社に建ててもらった

社長の誠実な人柄と丁寧な仕事ぶりに
私たち家族は全幅の信頼をおいていた


その会社がつい最近倒産した


話を聞いたのはそこの社員の人から

給料も未払いのまま
社長が突然姿をくらましたというのだ

愛想もないかわりに嘘もなく
常に顧客の目線に立って接してくれていた社長
その人柄が大好きだった
あれだけ責任感が強く
あれだけ人を大切にしていた社長が
すべてを投げ出しいなくなった

社長は今どんな気持ちで姿を隠しているのだろう
人生の終盤期にこれまで懸けてきた全てを失った現実を
どう受け止めているのだろう
社員や顧客、あらゆる責任を放棄した我が身を省み
自責の念で押し潰されそうになっているのではないか
少なくとも私はそう信じたい

   悪い人ですやろ
   人を信頼したらあきまへんで

そういう従業員の方の言葉を
私はどう理解したらいいのかわからないまま
茫然と立ち尽くしてしまった


b0148547_204206.jpg



図らずも昨年ドアを依頼した時が
社長にお会いした最後になった

  私も昔猫を飼ってましてん
  猫は可愛いですな~

まだ小さくてチョロチョロしているハクを見て
そう言いながら目を細めた社長の顔を思い出し
どうしようもなく心が痛くなった


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村 ←いつもクリックありがとうございます  
[PR]

by konekohaku | 2009-09-13 22:35 | 生活  

PAC定期演奏会


昨日兵庫芸術文化センター管弦楽団 (以下PACオケ)の定期演奏会へ行きました


b0148547_2319424.jpg



PACオケは阪神・淡路大震災からの復興のシンボルとして建てられた
兵庫県立芸術文化センターの専属オーケストラで
世界各地から集まった優秀な若手演奏家で構成されています
まだ若くて荒削りなところはたくさんあるけれど
それゆえの活気や勢いがあるオーケストラです



昨日は2009年シーズン初日
プログラムは

ブラームス ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.77
(ヴァイオリン:ジェームス・エーネス)

ドヴォルザーク 交響曲第8番 ト長調 op.88

指揮はもちろん
芸術監督であられる佐渡裕さんです



ブラームスの曲が美しいのは皆さんもうよくご存じかと思うのですが
ことヴァイオリンを歌わせることによって生み出される旋律の美しさは
言葉を失うほどであります

ヴァイオリン協奏曲しかり
ヴァイオリンソナタしかり

ちなみにブラームスはヴァイオリン協奏曲は1曲しか書いておりません

オーケストラによるやわらかな旋律の中に
天から舞い降りてきたかのように美しく響く
ソリストの奏でるヴァイオリンの甘美な音

時に大きく、時に清らかに畝る音の粒の中で
耽美でありながらも凛として響くストラディヴァリウスの音色に
第1楽章からウルウルきてしまいました;;

ジェームス・エーネスさんの演奏、素晴らしかったです



二曲目
ドヴォルザーク交響曲第8番
略してドボ8
私の大好きな曲であります

ドヴォルザークは9番の新世界が有名ですけど
8番は9番のような派手さはなく
ボヘミアの詩情漂うとても豊かで美しい曲です

佐渡さん、第一楽章から突っ走ってました^^
第一楽章がこのテンポなら
第四楽章はさぞかしと思っていたら
予想どおり煽る煽る、
楽団員の方も必死の形相で演奏されていました^^

ドボ8については
カラヤンやセルなどの
名盤と呼ばれるCDが世に存在しておりますが
私は中でもジュリーニ指揮ロイヤル・コンセントヘボウ盤が大好きで
その穏やかな演奏に耳慣れているので
昨日の演奏は
ずいぶんと忙しいドボ8に感じてしまいました

しかしながら強弱による音の色彩感を
佐渡さんはよく引き出し
満席の観客はすっかり彼のマジックに
心を捉えられておりましたよ


聴けばわかるブラームスとドヴォルザークの素晴らしさ
日本人の耳には
非常に馴染みやすい作曲家だと思います

今はレンタルショップだけでなく
図書館などでもCDの貸し出しを行っているところがありますので
秋の夜長に一度耳を傾けてみられませんか~?



b0148547_2319241.jpg
                   



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村 ←いつもクリックありがとうございます  
[PR]

by konekohaku | 2009-09-12 07:16 | music