<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

TOKYO DISNEY SEA   ~ショー編(ビッグバンドビート)



アリエルの次に観たのは

ビッグバンドビート@ブロードウェイシアター


b0148547_2031217.jpg



このショーを観る前
同行の友人が私にこうささやいた


ミッキーってすごいのよ
ドラムも叩くしダンスもするの



それを聞いてすぐに思い出したのが
ガチャピンのこと

若い方はご存知かなー?
昔、子ども向け番組に出ていた人気キャラクターです

ガチャピンって本当にすごいのだ

潜水もすれば
パラグライダーもする
急な山の斜面から大滑降だってやっちゃう

きっと
ダイビングの上手いガチャピン
パラグライディングの上手いガチャピン
スキーの上手なガチャピンが
それぞれいて
入れ替わりながらやっているんだろうけれど

なんせあの脚の短い被り物身体で
すごい技を見せてくれるもんだから
心底尊敬していたのだ

だから私は失礼にもこんな風に友人に返答した

ガチャピンも凄いけどね



ビックバンドビートは
国内外のダンサー、シンガー、色々なキャラクター、そしてミッキーが
スイングジャズのナンバーに合わせて
歌ったり踊ったりするご機嫌なショー

数分並んで劇場内へ
広くてりっぱな建物だ

冒頭からミッキーが美女を従え踊る踊る

次々に流れるナンバー
迫力のある黒人シンガーの歌、ダンサーたちの切れのあるダンス

うぉ~これは楽しいぞ!!!


そしていよいよお待ちかね、「シング・シング・シング」
ドラムを叩きながらセリに乗ってミッキー登場!
会場内は大興奮
隣の女性なんて嵐のコンサートみたいに
ミッキーがポーズするたびに
きゃっ~!と卒倒寸前

それでも
私はこれはドラムの上手いミッキーがやっていて
ダンスナンバーの時は
ダンスの上手いミッキーに交代するんだろう
なんて不届きな思いを抱きつつ観ていた


ところがところが!


ドラムセットから降りたミッキー

なんとそのままタップを踏み始めた!
(注:ミッキーはこの世に一匹しか存在しません by Disney)


ひぇ~ミッキー最高!!!

ガチャピンと比べてすいませんでした~!!!
(いや、ガチャピンも凄いけど)


ミッキーのドラムパフォーマンスは2:15あたりから



でもね
ミッキーの本当に素晴らしいのは
何より観客を楽しませようっていう半端なく強いプロ意識
パフォーマンスの至る所でそれを感じるもの
やっぱり世界中から愛され続けているのには
ちゃんと訳があるのよね
今更ながらに気が付くなんて(恥)


大興奮のあまり
もう一回連続して「ビックバンドビート」を鑑賞
外に出て
レジェンド・オブ・ミシカというショーを一本観てから

b0148547_2056076.jpg



次の予定のため
後ろ髪をひかれつつディズニーシーを後にした



駅につくとこんな電車がお迎えに

b0148547_20565859.jpg



かわいい~!
一両私に下さーい(どこに置く?!)

b0148547_20574279.jpg




本当に楽しかったTDS
それもこれもノリのいい気の合う友達と
笑って叫んで夢の時間を共有できたからこそ


時間が許せばこれも観たかったなァ
“ファンタズミック”



(終わり)
[PR]

by konekohaku | 2011-07-24 21:30 | 生活  

TOKYO DISNEY SEA   ~ショー編(マーメイドラグーンシアター)


前述のとおり
私たちがTDSへ向かった主たる目的は
ショーを見ることであった



期間限定の「サマー・オアシス・スプラッシュ」
b0148547_823879.jpg


ボートの上をよく見ると

b0148547_913911.jpg

アラジンと相棒のアブーが踊っとる!




ここでのショーはチラリ観程度で


楽しみにしていたマーメイドラグーンのエリアへ
b0148547_824386.jpg




b0148547_8242598.jpg



アリエルのプレイグラウンド
小さな子供が遊べるようになっている
気分はunder the sea!!!
b0148547_8244667.jpg





そしてこの奥に
マーメイドラグーンシアターがある

撮影不可だったので写真でおみせできないのがホントに残念

噂通り、そして大学教授の推奨も納得の
なかなかのショーであった


円形の驚くほど天井が高いシアターは
ちょうどアリエルが自分の宝物を隠している洞窟のような設定になっていて

観客は海の底から
アリエルや他の生き物が泳いでいるのを
見上げるように設計されている

アリエルはワイヤーで吊るされた鉄棒にお腹の位置で乗っかっているような姿勢で
自由にくるくる回りながら移動する
本当に泳いでいるみたい!

前にブロードウェイでリトルマーメイドが上演されているときは
シエラ・ボーゲス(オペラ座続編love never die の初代クリスティーヌ)が
人魚の衣装を着てローラースケートで舞台を行ったり来たりして
なんとも無粋な姿をさらしていたけれど
それに比べると何倍、いや何百倍も
自然で、視覚的に美しい

アリエル役の人の手は自由になっており
鉄棒みたいに手を使って支えているわけでないので
おそらく腹筋でバランスを取って姿勢を保っていることと思われる
腰に悪そう~~
何か仕掛けがあるのかもしれないが
それにしても誰でもができる芸当ではない@@

他の生き物も海を立体的に感じさせるため
非常に高い位置でちょうどモビールのようにバランスが崩れないよう
ふわりふわりと吊るされているのだが
魚をイメージするクラフト的作り物がこれまた素晴らしい出来だ
工学的にすごいと教授が言っていたのは
おそらくこのことだろう

そしてショーの後半
とんでもなくとんでもなくとんでもなく
でかいアスラが登場する
リトルマーメイドの悪役、タコ婆だ
声は森公実子さんか?
すんごい迫力

超一流の技術、アイディア、パフォーマンスが
ここには存在するのねー

ひぇ~恐れ入りました



余談だが
私はそんなにディズニーに詳しいいわけでないし
全くの思い違いかもしれないが
映画「リトルマーメイド」は
かつてのシンデレラや白雪姫のように
王子様が現れるのをひたすらに「待っている女性」から
「自分で選択し人生を切り開いていく女性」へと
プリンセス像が変化した
記念すべき作品でなないかと思う


当初(part of your world)

wish I could be part of your world

と夢見がちに歌っていた少女は
中盤(part of your world reprise)

watch and you'll see
Someday
I'll be part of your world

と明確な意思を持つ女性へと変化するのだ




この作品、アンデルセンの原作を冒涜とかで賛否両論らしいですけどね


映画はともかく
ショーはホントに素晴らしかった!!!

惜しむらくは上演時間が約15分と短かかったこと
もうちょっとストーリーを肉付けして
長いことみたかったなぁ~
あんなに演出がいいんだから

でもそれじゃアリエルの腹筋がもたへんか?!


こちらでチラっとショーの様子が見られます
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdr/movie/#/tds/ml/atr_theater


(つづく)
[PR]

by konekohaku | 2011-07-24 10:38 | 生活  

TOKYO DISNEY SEA   ~ライド編



ホテルから直行の専用バスに乗り
いざTDSへ

b0148547_20193129.jpg

チケットブースあたり


b0148547_20201821.jpg

中へ入るとなんだか南ヨーロッパ風


b0148547_2021385.jpg

いろんな人から「USJとは規模がちゃうねんでー」と聞いていたが
なるほど
火山(プロメテウス火山というそうな)まで作っちゃったんやと感慨深く
横目で景色を見ながら駆け足!

b0148547_20224497.jpg

しばらく歩くと飛行機墜落現場へ(彼が乗っていたのか?)


b0148547_2023298.jpg

この中にかつての私の男がおりますねん!
「インディージョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」・・・・乗り物その1


b0148547_20235422.jpg

アトラクションの待ち時間は30分ほど

雑感:
スピードは速くない
その分乗客に風を吹き付けることと横揺れを体感させることで
さもスピードが出ているかのように演出
インディの声は村井国夫さん担当、松崎しげるじゃなくてよかった(え?)
後半、映画のかの有名なシーン同様巨大な丸岩が迫ってくるところはよし
だが全く怖くはない


次!

b0148547_2021064.jpg

朝一番にファストパスで押さえてあった
「センター・オブ・ジ・アース」へ     ・・・・乗り物その2




b0148547_20252183.jpg

地底走行車なる乗り物にのり、火山の中をgo!
無事脱出なるか?


雑感:
スピードは速くない
火山から外界に出るところの高低差がスリル満点とのウリだが
へ?って思うほど短くてあっけない
乗客を怖がらす仕掛けがたくさん用意されているが、悉く期待を裏切られる
全く怖くない



ライド系は以上の二つのみ
評判の高いタワー・オブ・テラーにも乗ろうかと思ったけど
45分待ちだったのでやめた
・・・と帰ってから姪に報告したら
めちゃ短いやん!いつもは180分待ちやよーと言われた(汗)


ライド系まとめ(2つしか乗ってませんが)
個人的好みから言えばUSJの乗り物の方が好き


でも、TDSはなんてったって
ショーなのよ!

(つづく)
[PR]

by konekohaku | 2011-07-23 21:43 | 生活  

TOKYO DISNEY SEA



sing,sing,sing,sing~みんなっでっうったおっ♪
なさけなやー
日本語バージョンしか出てこないや
でも思い出すだけでもおばちゃんノリノリ

先週上京した際
観劇の合間を縫って
東京ディズニーシーへ行ってまいりました


b0148547_2162348.jpg
       
「ジニーちゃんでぇ~す」(←もちろん声は山ちゃんで。このセリフわかる方、かなり観てますね^^)


恥ずかしながら
シーは今回が初めて

「うそぉ~!」
「まじでぇ~!!」
「なんでええぇ~?!!!」

私がシーへ行ったことがないと言うと
友人たちからは8割方こんな反応が返ってきて

初めのうちはそうでもなくても
だんだん

えええ~?
私、このまま、未体験だと、人生、損、しちゃう???

みたいな気になりつつあるところに

とどめを刺したのが
とある有名大学の学生が何気なく発したこの一言

「ああ、うちの教授がアリエルのショーは工学的にみてもすごい完成度だから
あれは観ておくといい、って言ってたよ」

うむむ。。
大学教授まで勧めるか

ほな、行っとかな!


とはいえ、なかなか自ら率先して計画するまでの
気持ちにはなってなかったんですよねー

ところがところが
今回東京へ一緒に行く友人と
観劇(ソワレ)までの間何して時間潰す?と相談しているうちに
思いがけない展開に

(友)「ねえ、付き合ってほしいところがあるんだけど」

(私)「え?どこ?美術館?どこでもご一緒するよ」

(友)「本当?本当?本当にどこでもいい?」

(私)「いいよ、何?もう一本観劇?」

(友)「違うの、私、

   ディズニーシーへ行ってショー三昧したいの


(私)「行く~~~!」

てな訳でkonekohaku20歳にして(大嘘,倍以上サバ読みました~~)
初ディズニーシーと相成りました

(つづく)
[PR]

by konekohaku | 2011-07-22 22:20 | 生活  

ベッジ・パードン



上京ついでにとある方のご厚意で観ることになったベッジ・パードン


b0148547_1831377.jpg




企画制作 シス・カンパニー

作・演出 三谷幸喜

主演  野村萬斎
     深津絵里
     大泉 洋
     浦井健治
     浅野和之

@世田谷パブリックシアター


明治33年、明治政府の命を受けロンドンに留学した夏目金之助(漱石)
異国での疎外感、孤独感、挫折感からひきこもり状態にまでなったと言われる当時の
閉塞的状況から
後の才能開花を予感させる「文豪・夏目漱石」序章までの心情の移ろいを
彼を取り巻く人々との関係と
淡いラヴストーリーに載せて描いた作品

結論から言えば
いやほんまに面白かった!

幕が下りた途端、同行の友人と驚きと感動を持って顔を見合わせたほど

「ろくでなし啄木」「国民の映画」そしてこの「ペッジ・バードン」
今年の三作品の中では断トツの一位
いや、今まで私が観た三谷さんの舞台の中でも
間違いなく3本の指に入ると言わせて頂こう!

私がう~んと唸ったのはキャスティング

金之助(漱石)を演ずる萬斎さんの存在が浮いているんですよ
特別に器用な役者さんが配置されている中で
空気が一人だけ違う

そもそも狂言師であられる萬斎さんの髭を蓄えた背広姿自体
微妙に違和感^^

周りの役者さんの
スピード感あふれる軽い身のこなし
留まることのないかのように高速回転する演劇的頭脳
ぺらぺらぺらぺらこれでもかっ!ってほど流暢かつ滑舌よい台詞まわし
そして絶妙な間

そんな中において
萬斎さんはすべてにおいてぎこちなく
馴染んでいないように見える


でもこれって実は
全く異なる生活習慣、文化を持つ国に突然放り込まれて
西洋人という容姿も言葉も服装も違う別世界の人たちに囲まれ戸惑い悶々とする
金之助(漱石)の姿そのもの

日頃伝統文化に身を置く萬斎さんのような方でなければ
こういった全身から漂う異質感は醸し出すことができなかったでしょう

下手をすれば
やっぱり狂言師が現代劇を演ずるのは無理があるよね~なんて言われかねない状況を
逆手に取った三谷さんならではの計算しつくされたアイディアなんだろうと思います
(実際、役者が話す日本語のセリフは
本当は英語で会話されているものなんですよ、と
わざわざ観客に念押しし再確認してもらう工夫が
面白おかしく、実に巧みな方法でなされている
萬斎さんのもついい意味での違和感・独特の存在感は
英語圏に突然飛び込んだ日本男子の姿を現していることを
忘れないでと言わんばかりに)

やられたゎ~

帰ってからネットで調べてみたら
「萬斎で現代劇を」とのシスカンパニーからの依頼を受け
この作品の構想を練り始めたとのこと

なるほどねぇ
さすが三谷さんです


透明感溢れ、女の私も惚れちゃうほど愛らしい深っちゃん
11役をこなし会場中を爆笑の渦に巻き込んだ浅野さん
(一人の役者に様々な人物を演じさせることで
日本人金之助の目にはイギリス人が皆同じ顔に見えてしまうことを表現)
内面に少々ダークな部分を含蓄する風変わりな日本人を演じた存在感抜群の大泉さん
今までにないワイルドでええ加減で小汚い青年を見事に好演した浦井くん

上手いよ、皆さん
大満足!


金之助(漱石)の世話をする下宿屋の小間使いアニー(深っちゃん)が
"I beg your pardon?" と尋ねると
強いコックニー訛りのせいで
彼には「ベッジ・パードン?」と聞こえる
そのことから金之助は彼女のことを「ベッジ」と呼んでいた
漱石の残した日記にベッジは度々登場する

お高くとまったイギリス人にはまともに相手にされず
社会の底辺で生きていたベッジと異邦人である漱石が
ロンドンの片隅にある小さな下宿屋で
孤独な心を寄せ合ったのはごくごく自然な成り行きだろう

舞台にやさしさと懐かしさを乗せて流れる
「Wouldn't It Be Loverly?」のメロディ
あの名作「マイフェアレディ」でコックニー訛りのある主人公イライザが歌った曲だ

この歌は叶うことのない夢を見
日々の生活の中での僅かな出来事に幸せを見出していたベッジそのもの

今改めて耳を傾けると
一人の女性の薄幸な人生に思いが重なり
涙がにじむ

ベッジは紛れもなく
漱石にとっての "my fair lady" やったんやろなー

ほんまにええ作品でした





All I want is a room somewhere,
Far away from the cold night air.
With one enormous chair,
Aow, wouldn't it be loverly?
Lots of choc'lates for me to eat,
Lots of coal makin' lots of 'eat.
Warm face, warm 'ands, warm feet,
Aow, wouldn't it be loverly?
Aow, so loverly sittin' abso-bloomin'-lutely still.
I would never budge 'till spring
Crept over me windowsill.
Someone's 'ead restin' on my knee,
Warm an' tender as 'e can be. 'ho takes good care of me,
Aow, wouldn't it be loverly?
Loverly, loverly, loverly, loverly
[PR]

by konekohaku | 2011-07-19 23:06 | movie・theater  

hide-and-seek



b0148547_23463475.jpg



段ボールの中に隠れて
私の指を狙うハクオ

首を傾げる様に
かわいい~なんて油断して
写真を撮っていると
激しい猫パンチをくらいます

いいの
どうせ私はあなたのオモチャ
[PR]

by konekohaku | 2011-07-01 23:23 |