<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

1㎝の隙間から



b0148547_7213864.jpg




私たち家族は
とある中核市の端っこに位置する
小さな山の上に住んでいる

市の中心部とは明らかな気温差があり
そう多くはないがうっすらと、年によってはそこそこの
積雪をみることがある
いや、中心部と大きく違うのは積雪量というより
その雪がなかなか解けないことだろう
(上の写真は昨年クリスマスの頃に裏庭で撮ったもの
イメージはもちろんコチラ


同じ市内の海側に住むこの家の女性設計士さんは
当地の気候をあまりご存じでなかったようだ
デザインや色は小洒落ていたものの
門から玄関の間を埋める
タイルの素材選びを誤ったのだ
彼女は雪の降る地域には向かない
つるんとした素材のタイルを提示した
見本を確認しOKを出した私たちもまた
雪の日のことなど知る由もなかった

結果、年に1度か2度とはいえ
私たちは積雪があるたびに
想像もしない感触を足の裏に覚えることとなる

玄関ドアをあけてから門扉を抜けて道路に至るまで
おっとっととバランスを保ちつつ
まるでスケートをしているかのように
すべりながら歩かねばならなくなったのである

私たち夫婦が年を重ねて足元がおぼつかなったら
いずれどちらかが怪我をする
容易になりたつ予測を元に
この度タイルの貼替え工事をお願いすることとなった




b0148547_23492096.jpg
                 工事終了後の玄関周り



記録に留めるため
仕上がった玄関周りの写真を何枚か撮影した
わかりにくいと思うけれど
表面がざらざらで
十分な摩擦が期待できる素材である

本当はこの話をブログに載せるつもりは
全然なかったのだが
撮った写真をpcに取り込んで見ていたら
面白いことに気が付いた



b0148547_22114243.jpg




すぐ上の写真に
我が愛すべきストーカー、ハクオさんが写りこんでいたのである




b0148547_22121273.jpg





我が家の玄関ドアは向かって左の方にすりガラスが入っていて
そのすりガラスの両側に約1㎝ずつ
透明ガラスが入っている

外に出ることができないハクオは
その僅か1㎝の隙間から
ガラスに自分の額を押し付け
私の姿を見つめているのだ

何十年か先
この写真を見返したとき
家の補修の記録以上の
温かで鮮やかな記憶が
確かな実感とともに蘇り
私の頬を涙でぬらすことだろう

いつだって
私のそばに寄り添ってくれているハクオ

そうよ
私はこんなにハクオに愛されている!
[PR]

by konekohaku | 2012-01-30 00:36 |  

blank



b0148547_2265263.jpg


久しぶりに更新しようと
えっさえっさと文章を打ち込んでいたら
激しいハクオの妨害行為にあい
何度か捕獲、宥め賺し等の抵抗を試みたものの
最終的には幅跳び選手まっつぁおの
キーボード上へのハクオの見事な着地により
エキサイト画面が振り出しに戻りました

もう疲れましたわ(涙)
[PR]

by konekohaku | 2012-01-29 18:04 | 生活  

2012



b0148547_23432060.jpg



本年もよろしくお願い申し上げます
[PR]

by konekohaku | 2012-01-01 23:45 | 生活