<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

もっと伸ばして 2


人の心は深遠だ
海の底の、どこから始まっていてどこまで奥があるのか
想像もつかないほど複雑に絡み合う藻場のように

コンプレックスなんて、
たいていはそんなに気にしなくても、という程度のことだとわかっている
そもそも皆自分のことで一杯で
他人事にまで執着している暇はないのだから
そこまで自意識を過剰にして人の目を気にする必要もないのである
くだらないことに囚われてバカバカしいのは百も承知
でもそうきっぱり割り切れないのもまた人の心である


私の友人でモデルのように八頭身な美人がいるが
彼女の悩みはなんと顔が人より小さいことだ

嘘でしょ、とあなたは思うかもしれない
私だって初めて聞いた時はマジ?と目を丸くした

けれどどうやら真剣に気にしているらしい
彼女は数人で写真を撮る時ちょっとでも顔が大きく写るようにと
顔だけ前に突き出したりしている

「だって小さいと貧弱に見えるでしょう?
大きくなくてもいいから普通になりたいのよ」

どうして小顔を気にするようになったか
その経緯については聞いたことはないけれど
過去に他人の口から発せられる「顔小さいね」という褒め言葉が
彼女の気持ちに歪曲して作用したのかもしれないと推測する

自分を振り返ってもそうだった
これまで何度となく繰り返しかけられた「首、長い~」という
何気ない(そうであってほしい)言葉によって
柔軟な有機体であるはずの心が
長い年月をかけて固い鎧でがんじがらめになってしまった
ほんの少しだけでも短かったらよかったのに、と

私は鏡が嫌いだ
逃げれるものなら逃げだしたい
バレエのレッスンの時は全身が映る大きな鏡の前で
毎度毎度、自分の弱さと対峙し
心の中の葛藤や卑屈さと勝負するような気持ちになる

そんなガチガチの私に
ある日突然、思いもよらぬ魔法の言葉が降ってきたのだ
まるで光を浴びた羽がふわふわと舞い落ちてくるかのように

もっと首を伸ばして

それは私を慰めようとした言葉でも
オアイソの言葉でもなかった

私の首、長くてもいいんだ。。。

本当は物理的な長さの問題ではなく
肩を落として縮こまった身体を伸ばせという意味だったと思うけれど
それでもその一言で
長年かかって形成された心の鎧には幾か所にも亀裂が入り
精神の腱や靭帯までが伸長する大きな余白を与えてくれたのだった
[PR]

by konekohaku | 2013-10-31 19:40 | 生活  

もっと伸ばして 1



b0148547_2175985.jpg




子どもの頃から私の一番のコンプレックスは
首が長いことだった
クラスの集合写真、友人と映る鏡の中
人より長い自分の首が
恥ずかしくて仕方がなかった

亀のように縮めることができたらなぁ

自然と肩は上げ気味に
頭は俯き加減の姿勢を取るようになった


数年前からバレエのレッスンを受けるようになったのはどこかで書いた
きっかけはひょんなことだったけれど
姿も歩き方も美しくない自分がほとほと嫌で
少しでもましになれるのなら、と思ったのも大きな理由だ


バレリーナは美しい


もちろん美しく見えるのにはそう見える訳があり
それには骨盤の位置も大きく関係しているのだけれど
もう一つ重要なのは身体の隅々までを伸ばしきることだと
素人ながらに考える

これがなかなか厄介で
一般人が思っている「伸ばす」と次元が違うのだ
伸ばしているつもりでいても
実は全然伸びてなかったということに
最近ようよう気が付いた


レッスン中先生はよく
「首を伸ばして!」と言われる
バレエの世界ではどうやら首は長い方がいいらしい
や、伸びている身体が美の基本なのだから当然なのだけれど
首に関しては短めの人に対しての言葉だと思っていた

「私は元々長いから普通にしてりゃいいんだな」

鏡に映る私の首は、チラっと見える他のどの生徒さんよりも長く
もう十分だろと思っていた


ところが、である


先生は私に向かって大きな声でこう言われたのだ

「〇〇さん、もっと首を伸ばして!」



つづく・・・・(予定)
[PR]

by konekohaku | 2013-10-21 22:47 | 生活  

Frank Peter Zimmermann



ツィンマーマン&大フィルによる京都特別演奏会に行ってきました。
@京都コンサートホール



ブラームス ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
        交響曲 第1番 ハ短調

指揮     阪 哲朗
Vin      フランク・ベータ―・ツィンマーマン

        大阪フィルハーモニー交響楽団



        
ドイツ生まれの、現代最高峰ヴァイオリニストによる美しいブラームス。

とんでもない名演でした。
正統派、知的、繊細、躍動感・・・・
ありふれた陳腐な言葉で語れば語るほど
実際とかけ離れていきそうで
彼の素晴らしさをどう表現したらいいのかわからない。
隣に座っていた人は泣いてはったよ。

(アンコールはバッハ無伴奏ヴァイオリンパルティ―タ第3番よりプレリュード、
こちらも感涙もの)

ツィンマーマン目当ての客が多かったのか
協奏曲が終わった時点で帰ってしまった人も少なからずいて残念でしたが
なかなかどうして、後半のブラ1もとてもよかった。

日頃お世話になっている先生が出演されていることもあって
今回は珍しく娘も同行しました。
終演後あれやこれやと抑えきれない感動を分かち合える日が来ようとは。
なんだか夢みたい。
夢ならどうか覚めませんように。



◆ツィンマーマンのことが書かれています↓
 大フィル公式ブログ 

◆過去に当ブログでもチラっと触れたことがある愛聴盤、
 日本では長らく廃盤になっていたのがこのたび再販になったようです。
 こんな名演奏が聴けるCDなんてそうないのに
 おかしいでと常々思っていたやつ。
 このイザイ無伴奏はバッハの無伴奏を弾く為に練習したとか。。

b0148547_2314287.jpgイザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ
[PR]

by konekohaku | 2013-10-06 07:37 | music